リリース情報

Chocolateclay
CHOCOLATECLAY
Chocolateclay
チョコレイトクレイ
『チョコレイトクレイ』
2007/11/02
CD
PCD-93024
定価:¥2,300+税
レーベル: Cat
解説付 ※世界初CD化 ※解説:金澤寿和

<free-soul>でもおなじみの、エボニー&アイヴォリー・コンビによるミルク・チョコ・グルーヴ盤!

マイアミの開放的な空気と“サザン”という土地柄からくる「いなたげ」なソウル・テイストが、AORの持つ洒脱なセンスのプロダクションとドッキングした、[tk]傘下で'77年にひっそりとリリースされてした名盤、ついに!

'70年代サーファー然とした見立てのクレイ・クロッパー(白人)と、当時としては洗練したアフリカン・アメリカンのジョージ“チョコレイト”ペリーのコンビによる唯一のアルバム。

スタートの“My Uncle Funky”から“I Ain't Got Nothin' To Say ”“I Ain't Mad At You”はホーンズをフィーチュアしたファンク・チューンで度肝を抜くも、“Free (I'll Always Be)”からが当盤のウリ。

<free-soul>で人気を博したこの曲がサマー・ブリージンなコーラス・メロで悩殺すると、セミ・インストの“Two Different Worlds”でさらにウェスト・コーストなリラキシン・ムードに。

とどめは“Free”同様、<free-soul>人気のブルー・アイド・キラー・チューン“The Cream Is Risin' To The Top”!

サックスの透明な響きとユニゾン・コーラスの爽やかさに昇天もの。シメが、唯一ストリングス使いでメロが甘茶系な“Please Say You'll Come Again”なのが、このユニットのエボニー&アイヴォリーな特性を物語っているかのよう。

  • DISC 1
  • 1. My Uncle Funky
  • 2. I Ain't Got Nothin' To Say
  • 3. I Ain't Mad At You
  • 4. Free (I'll Always Be)
  • 5. Two Different Worlds
  • 6. Sweet Mary
  • 7. The Cream Is Rising To The Top
  • 8. Please Say You'll Come Again

Related Releases

  • スパッツ「Spats」

    Spats
    2007/11/02 PCD-7302 定価:¥2,500+税