リリース情報

Energy Control Center
The Lightmen Plus One
Energy Control Center
ライトメン・プラス・ワン
『エナジー・コントロール・センター』
2007/10/05
CD
PCD-93010
定価:¥2,415(税抜¥2,300)
レーベル: Now Again
解説付 ※世界初CD化 ※紙ジャケット仕様 ※英語解説対訳付

近年[Stones Throw / Now Again]のイーゴンが監修、話題を呼んだカシミア・ステージ・バンド。そのレジェンドにはまだまだ続きがあった!!
カシミア・ステージ・バンドでお馴染みの名伯楽=コンラッド・O.ジョンソンにファンクの聖地・ヒューストンにて師事した、コンラッドの育てた最もファンキ-なドラマーとして名高いブッバ・トーマスの代表作にしてレアグルーヴのファンク・サイド最重要盤二枚を、イーゴンの協力のもとCD化!!

[STONES THROW]の傑作コンピ『Funky 16 Corners』にも収録された"The Phantom"を収録、ブッパがファンクに目覚めて『Country Fried Chicken』で爆発する足掛かりとなった、'72年発表の傑作盤。
アルバムはシングル・カットもされたことで45インチ・マニアが探しまくっている、デトロイトの[Tribe]諸作にも通じるような、スピリチュアルで荘厳なトロンボーンと浮遊するエレピが素晴らしい“Wench”から静かに始まり、フルートが美しい"Blues For Curtis”、そして曲を追うごとにどんどんとブッパのドラムが存在感を増していく。
ブッパの初期スピリチュアル・ジャズ・サイドの名演“Leo”“Jupiter's Child”を経て、アルバムの最後"The Phantom”で彼の初期衝動が爆発、当作の後に発表される『Country Fried Chicken』へとつながるファンクネス開眼の瞬間がここに。

  • DISC 1
  • 1. Wench
  • 2. Blues For Curtis
  • 3. Cold Bair
  • 4. Energy Control Center
  • 5. Leo
  • 6. Jupiter's Child
  • 7. The Phantom

Related Releases