リリース情報

MARIRIN CAFE BLUE
MACKA-CHIN
MARIRIN CAFE BLUE
マッカチン
『マリリン・カフェ・ブルー』
2016/10/05
CD
PCD-26064
定価:¥2,600+税

「さんピンCAMP20」での電撃的な復活で日本語ラップ・ヘッズを狂喜させたNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDの中心人物MACKA-CHIN!次なるプロジェクトは仮想カフェ『MARIRIN CAFÉ BLUE』のオープン!?呂布カルマやN.E.NからTOKYO HEALTH CLUB、MC恋してる(Y.I.M)までMACKA-CHINの不可思議な交遊録から繋がった全国各地の仲間~オトモダチが集結したニュー・アルバムを注目のレーベル、術ノ穴とのジョイントでのリリース!!

◆ 先日、日比谷野音で開催された伝説的なイベント「さんピンCAMP」の20周年記念なイベント「さんピンCAMP20」での電撃的な復活も大きな話題となったNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのブレイン的な存在であり、近年は東京弐拾伍時での活動でも知られ、またソロとしてもラッパー/ビート・メイカー/プロデューサー/映像クリエイター/DJなどなど、独自の視点と嗜好とセンスの赴くままに、幅広く、マイペースに活動してきたシーン屈指のマッドなサイエンティスト、MACKA-CHIN(マッカチン)!

◆ 日本最高クラスのサンプリング技術を施すプロデューサー・チーム、GRANTERZとのジョイントで発表された2013年作のラップ・アルバム『incompleteness theorem』も大いに話題となり、14年には絶妙なセンスでのアンビエント・アルバムをリリース。と気の向くままな活動を続けていく中での2016年秋、リリースされる今作はMACKA-CHINがジャンルレスに気になっている若者たちを中心に声をかけたファン待望のプロデューサー・アルバム!これぞMACKA-CHINの真骨頂と呼べる振り幅広めの斜め上をいくアルバムとなる!

 

先行シングルはMCバトル界隈で大きな注目を集めている名古屋の鬼才MC、呂布カルマとのコラボ“ODD RARE HALL”!ドープなビーツとライムで生み出されるイルなグルーヴにズブズブとハマっていくはず…。

◆ アルバムからの超先行シングルとしてMCバトル界隈で圧倒的な人気を誇っているラッパー、呂布カルマとのまさかのコラボレーション“ODD RARE HALL” a.k.a. オドレアホーが早くから話題に!ミニマルテクノやロウハウスを彷彿させるようなエレクトロミュージックを取り入れたドープなビートが、呂布カルマの言葉の重みを増幅させる最高にクールな曲に仕上がっており、聴くたびにズブズブとハマっていくはず…正にこれが最高峰の最先端ヒップホップ・ジョイント!また呂布カルマ作品で知られる鷹の目の制作によるミュージック・ビデオ“ODD RARE HALL (Video Version)”も最高にキテます!必見!

◆ その意外スギる呂布カルマの他、現行シーンを代表するハードコアなヒップホップ・ユニット、N.E.N、伝説的なグループLUNCH TIME SPEAXのラッパーとして知られるGOCCI、DELI率いるTEAM 44 BLOXの活動などで知られるJBMら、ヒップホップ界隈からは濃ゆいラッパー勢が参戦!そしてOMAKE CLUB所属の注目のグループ、TOKYO HEALTH CLUBやニュー・スクールなラップ・ユニット、RAP BRAINSの女の子ラッパー、HAZY、おしゃべりガールズHIP-POPユニット、Y.I.MのMC恋してるなどなど、MACKA-CHINの交遊録の幅広さが知れるラインナップが揃い踏み!当然MACKA-CHIN本人もラップを披露!!

◆ 10月には都内某所でリリース・パーティを開催予定!

  • DISC 1
  • 1. DANDANDAN
  • 2. ODD RARE HALL feat. 呂布カルマ
  • 3. Chilli Chilli Bang Bang feat. N.E.N
  • 4. ASPHALT GENJIN
  • 5. 猛獣は日が暮れて動き出す
  • 6. ズラカル feat. TOKYO HEALTH CLUB
  • 7. 語るはただ愚かなり。
  • 8. T.A.M(To About MAD) feat. JBM
  • 9. 男と女の純喫茶 feat. HAZY
  • 10. ひふみ feat. GOCCI
  • 11. あさっては雨 feat. M.O.B
  • 12. LOCAL LINE feat. MAD BRIDGE
  • 13. 理屈じゃなくて感じるsympathy feat. MC恋してる
  • 14. やがて