リリース情報

NEO TOKAI ON THE LINE
YUKSTA-ILL
NEO TOKAI ON THE LINE
ユークスタイル
『ネオ・トーカイ・オン・ザ・ライン』
2017/02/02
CD
PCD-25216
定価:¥2,500+税
歌詞付

tha BOSS(ILL-BOSSTINO)やDJ RYOWらとのコラボで、その名をさらに幅広い層に広めているNEO TOKAI / TOKAI DOPENESSを代表するラッパー、YUKSTA-ILLの約5年ぶりとなる待望のセカンド・アルバム『NEO TOKAI ON THE LINE』! CAMPANELLAやSOCKS、PUNPEEらが参加!

◆  C.O.S.A.やCAMPANELLA、そして本陣であるクルー、RC SLUM / SLUM RCのリリースでにわかに注目を集めている東海シーンから、そのRC SLUM / SLUM RCの中心メンバーでもあるラッパー、YUKSTA-ILL(ユークスタ・イル)の実に約5年ぶりとセカンド・アルバム、その名も『NEO TOKAI ON THE LINE』がついにリリース!!

◆ 2011年リリースのファースト『questionable thought』から東京のビートメイカーとコラボしたEP『Tokyo Ill Method』(13年)、本作への前哨戦となるミックス作品『MINORITY POLICY』とコンスタントに作品をリリースしながら、CAMPANELLAやMIKUMARIら同胞たちの作品を始め、tha BOSS(ILL-BOSSTINO / THA BLUE HERB)やDJ RYOWらの作品へも参加し、その名を確実に広めていき、2015/16年はSLUM RCとして『WHO WANNA RAP』、『WHO WANNA RAP 2』を発表。またISSUGIやMASS-HOLEが中心となって結成されたコレクティヴ、1982sにも名を連ね、着実にYUKSTA-ILLの名が全国区に広まっていく中での正に待望なリリースとなる!

◆ アルバムにはそのCAMPANELLA、そして同じ東海地区の看板を背負い、活動するラッパー、SOCKSが参加。またPUNPEEを筆頭にRAMZA、MASS-HOLE、OLIVE OIL、OWL BEATS、DJ SEIJIといった日本のシーン屈指のビートメイカーが集結!

◆ Olive Oilのプロデュースによる本作からの先行カットとなる“KNOCKIN' QRAZY”を筆頭に名刺代わりとも言えるMASS-HOLEのプロデュースの“STILL T”、振り幅広めにメロウなトラックも流麗に乗りこなしたPENTAXX.B.Fのプロデュースによるグッド・メロウ“OVERNIGHT DREAMER”、某NBAプレイヤーのセリフを引用したPUNPEE x SOCKSとのジョイント“LET'S GET DIRTY”、MCバトル・ブームに一石を投じる“GIFT & CURSE”等々、YUKSTA-ILLのMCとしてのセンス/スキルを駆使した全15曲(+α?)を収録!!

< REVIEW >
YUKSTA-ILLのラップを聴いたら分かることがある。ラップが産まれた幾つかの理由とYUKSTA-ILLが見ている世界の断片。RAWで固いどこかと地続きの短編。紙とペンがない時代に石版に刻まれた言葉の理由。三重の鈴鹿という街の景色。一人のラッパーの歴史と未来。TYRANT / SLUM RC所属、NEO TOKAI DOPENESSを代表するMCであり、そのラップはインダストリアルなエリアに希望の光を照らす。自身の葛藤と取り巻く環境をHIP HOPという共通言語を使いHOODにTOKAIにそして世界に届け続ける。

TOKAIの鈴鹿で産まれたグループB-ZIKから始まったキャリアの中で決して少なく無い数の作品をリリース。TYRANTとしての「KARMA」、ATOSONEとの「ADDICTIONARY」のリリースと幾つかの苦難と勝利を経て、1stアルバム「QUESTIONABLE THOUGHT」をRCSRECS. / WDsoundsよりリリース。そのRAPはYUKSTA-ILLという存在と彼の見る世界を広げて行く。その後WDsoundsよりPUNPEE、16FLIP、GRADIS NICE、ONE-LAW、KID FRESINO、BUSHMINDをトラックメーカーに迎えたEP「TOKYO ILL METHOD」のリリースやtha BOSS (THA BLUE HERB)をはじめ数多くのアーティストの作品への参加を経て、P-VINEより2ndアルバム「NEO TOKAI ON THE LINE」を2017年2月2日リリース。

YUKSTA-ILLという存在は日々のストラグルも小さなトピックも新たな色に輝かせる。アスファルトの街を鮮やかに塗り替えながら今日もYUKSTA-ILLはスピット&ランを続ける。

-----  COTTON DOPE

 

< LINERNOTES >
TYRANT、SLUM RC、そしてSOLO WORKS。
NEO TOKAI/TOKAI DOPENESSを掲げてやり続けてきたことが、一つの形としてここに結実。
リアルなHIPHOPの背後にはリアルな街とCULTUREがある。
YUKSTA-ILLという一人のラッパーを形成してきた街とCULTUREの叙事詩的ストーリー・アルバム。
東海HIPHOPの真実の姿。
何がNEOであり、何がFUTUREであり、何が現在なのかという問いに対するアンサーを知りたければ、このアルバムは避けて通れない。
純度100%のHIPHOPが、音楽としての密度と強度を手に入れた重要作品。

YUKSTA-ILLのラップは、コートを舞うアレン・アイバーソンのように、NEO TOKAI ON THE LINEを疾走する。

----- TRASMUNDO 浜崎

  • DISC 1
  • 1. NEW STEP
  • 2. KNOCKIN' QRAZY
  • 3. STILL T
  • 4. FCZ@MAG SKIT
  • 5. HOOD BOND
  • 6. OVERNIGHT DREAMER
  • 7. LET'S GET DIRTY / feat. SOCKS
  • 8. WEEK-DEAD-END
  • 9. RIPJOB
  • 10. GOTTA GO
  • 11. GIFT & CURSE
  • 12. TO MY BRO
  • 13. LOOK AHEAD OF US / feat. Campanella
  • 14. NEO TOKAI ON THE LINE
  • 15. CLOSED DEAL

Related Releases