リリース情報

Criterion Of The Senses
ED MOTTA
Criterion Of The Senses
エヂ・モッタ
『クライテリオン・オブ・ザ・センシズ』
2018/09/21
CD
PCD-24767
定価:¥2,400+税
★全世界同時リリース ★日本盤ボーナス・トラック6曲収録

AOR街道を邁進するブラジルのグルーヴ・マスター=エヂ・モッタ。『AOR』、『Perpetual Gateways』に続く洗練の都会派アルバム第3弾が完成!

スティーリー・ダン『うそつきケイティ』以来(?)の“カマキリジャケ”AOR名盤が誕生!(…ん?あっちはバッタか?だとすればドナルド・フェイゲン『カマリキアド』以来のカマキリAOR名盤ということで) この挑戦的なアートワークに〈センスの尺度〉という意味深なタイトル、なのに中身は極上の都会派サウンドというエヂの策士ぶりが痛快すぎる、三たびの大傑作!

ここ日本でも大ヒットを記録した2013年の『AOR』、豪華ミュージシャンをフィーチャーした2016年の『Perpetual Gateways』と、立て続けに都会派AORサウンドの作品をリリースし、一躍現代AORの権威となった感のあるブラジルのグルーヴ・マスター=エヂ・モッタ。その路線をさらに推し進めた2年半ぶりのニュー・アルバム『Criterion of the Senses』は、70年代サウンドへのオマージュとも取れた前2作に対し、より80年代サウンドへの愛情を表明した作品と言える。海岸通りやリゾートの夜景が似合う楽曲もさらに増えたばかりか、あまく危険な香りが充満した「Sweetest Berry」やブラコン期の角松サウンドすら想起させる「Your Satisfaction is Mine」など、日本のシティポップの大コレクターでもあるエヂならではの参照点も随所に見られ、思わずニンマリしてしまう。…というより、世界屈指のレコードコレクターとしてこの世のグッド・グルーヴを知り尽くし、表現し続けてきたエヂだけに、ソングラインティグからアレンジ、楽器選びまで、やることなすことクオリティが高すぎるのだ。そして、そこにこのジャケットとタイトルを組み合わせるというシニカルなユーモア・センスには降参するしかない。果たしてセンスの尺度とは何か・・・? エヂ・モッタに我々は今、試されている!

  • DISC 1
  • 1. Lost Connection to Prague
  • 2. Sweetest Berry
  • 3. Novice Never Noticed
  • 4. The Required Dress Code
  • 5. X1 in Test
  • 6. The Tiki's Broken There
  • 7. Your Satisfaction Is Mine
  • 8. Shoulder Pads
  • 9. Sweetest Berry (Alt Version Organ)
  • 10. Sweetest Berry (Alt Version Piano Solo)
  • 11. Novice Never Noticed (Alt Solo)
  • 12. X1 in Test (Alt Take 2)
  • 13. The Tiki's Broken There (Alt Take)
  • 14. Your Satisfaction Is Mine (Instrumental Version)