リリース情報

Kingston Bounce - Roots Of Ska
V.A.
Kingston Bounce - Roots Of Ska
V.A.
『キングストン・バウンス~ルーツ・オブ・スカ』
2017/05/31
CD
PCD-24625
定価:¥2,400+税
解説付 ※解説:ワダマコト、森雅樹 ※選曲:ワダマコト

これがスカのルーツだ!
カセットコンロスのワダマコトの選曲による、ジャマイカのスカの誕生、発展に大きな影響を与えた米国産R&B~ブルースを集めた決定的コンピレーション!
ワダと森雅樹(EGO-WRAPPIN’)の対談を採録した解説もゴキゲン!

■ジャマイカのメントやトリニダード・トバゴのカリプソと、アメリカのジャズやR&Bが融合してスカが誕生したというのは有名な話。アメリカ南部から電波に乗ってジャマイカに届いたファッツ・ドミノ等のニューオーリンズのR&Bや、ルイ・ジョーダン等のジャンプ・ブルースが当時のジャマイカの人々を魅了したのだ。そんなスカの誕生、発展に多大な影響を与えた米国産R&B、ブルースを、アメリカ西海岸最大のインディペンデント・ブルース/R&B/ソウル・レーベル、モダン、およびその系列レーベルの膨大なカタログの中から、カセットコンロスのワダマコトがコンパイルした編集盤。
■もはやスカ・ファンにもおなじみのロスコー・ゴードンをはじめ、イカしたR&B~ブルースから小粋なジャイヴ、エキゾ風味の楽曲まで幅広くコンパイル。ワダがスカ・ファンはもちろん、R&B~ブルース・ファンをも唸らせる選曲の妙を見せる!
■ワダと森雅樹(EGO-WRAPPIN’)の二人がミュージシャンならではの視点で収録曲を語るライナーもなんとも面白く、興味深い。聴いて楽しく、かつ勉強にもなってしまう一石二鳥の極上コンピ!
■黒人音楽全般をこよなく愛するイラストレーター、RUMINZ(ルミンズ)によるカヴァー・デザインもじつにクール。

“ルーツ・オブ・スカ”って謳ってるけど、いまスカが好きな人に聴いてもらいたい50年代ぐらいの音みたいな感じで、当時のモダン・レーベルのセールスマンになったつもりで、「ロスコー・ゴードンがジャマイカで売れてるらしいよ」っていうのを聞いて、「じゃあうちのカタログでその手をジャマイカに売り込みに行くとしたらどうでしょう?」っていうような想定で行ってみようかなと。
ワダマコト

この選曲、BGMにならないですよね。聴いちゃうっていうか。いろんなのが含まれてますけどね。スカももちろんやけど、ロックンロールもギターも。やっぱギター好きやねんなっていうのも出てるし、スカのギターが弾きたかったらこれを聴けみたいな感じもあるし、普通に音楽好きの人も聴けみたいのもあるし。ルーディなところもあるし。完璧すね、これは。
森雅樹

 

  • DISC 1
  • 1. Rosco Gordon & His Orchestra - Booted
  • 2. Phineas Newborn with Orchestra - Tennessee Bounce
  • 3. Oscar McLollie & His Honey Jumpers - Lolly Pop
  • 4. Roy Hawkins & His Orchestra - Wine Drinkin' Woman
  • 5. Joe Lutcher & His Orchestra - Ojai
  • 6. Wild Bill Moore - Rock And Roll
  • 7. Lonnie "The Cat" - I Ain't Drunk
  • 8. Maxwell Davis & His Orchestra - Bristol Drive
  • 9. Little Willie Jackson - Black And Blue
  • 10. Jimmy Nelson - Sweetest Little Girl
  • 11. Rosco Gordon & His Orchestra - New Orleans Wimmen
  • 12. Bobby Rey & His Orchestra - Blue Mambo
  • 13. The Honey Boys - Vippity Vop
  • 14. Earl Curry & His Orchestra - One Whole Year Baby
  • 15. Joe Hill Louis - Jack Pot (At The Woodchopper's Ball)
  • 16. Ike Turner & His Orchestra - Cubano Jump
  • 17. Three Bits Of Rhythm - I Used To Work In Chicago
  • 18. Shirley Gunter & The Queens - Oop Shoop
  • 19. Paul Anka - Blau-Wile-Deveest-Fontaine
  • 20. Bobby Bland - Good Lovin'
  • 21. Etta James - Market Place
  • 22. Young Jessie with Maxwell Davis & Orchestra - Don't Think I Will
  • 23. Ike Turner & His Orchestra - Go To It
  • 24. Joe Houston - Sentimental Journey
  • 25. Jeanne Demetz with Johnny Alston Orchestra - Calypso Daddy
  • 26. Rosco Gordon - Maria