リリース情報

Life Between The Notes
BLUEY
Life Between The Notes
ブルーイ
『ライフ・ビトウィーン・ザ・ノーツ』
2015/04/15
CD
PCD-24399
定価:¥2,400+税
レーベル: dome records
解説付 歌詞付 対訳付 ※解説:岩間慎一(Super Cry Inc.)※歌詞対訳:Kana Muramatsu ※日本盤ボーナス・トラック収録

インコグニートの総帥にしてプロデュース稼業も相次ぐワーキングハード・マン=ブルーイの『リープ・オブ・フェイス』('13)に続くソロ第2弾! 

’13年に、30年以上にわたるキャリアで初めて自身で(全曲)リード・ヴォーカルを執ったソロ・アルバム『リ―プ・オブ・フェイス』を発表したが、この年は初ソロのほか、故ジョージ・デューク・トリビュート・ステージを通じて閃いたというインコグニート・バック陣+αプロジェクト=シトラス・サン名義のアルバム発表、『トランスアトランティックRPM』でヴォーカルを執ったマリオ・ビオンディのワールドワイド・メジャー作・ほぼ全編プロデュース=『SUN』発表、ギターで1曲参加のエヂ・モッタ『AOR』発表、そしてリチャード・ブルとともに「中央フリーウェイ」など2曲プロデュースした今井美樹『Dialogue』発表、と怒涛の仕事量! これらが一段落して’14年にインコグニート『アンプリファイド・ソウル』を発表、夏の日本ツアー終了後に制作に着手。

前作は盟友リチャード・ブルとのタッグ体制であったが、今作はリチャードのほか、インコグニートのステージ・ディレクターであるマット・クーパー、インコグニート『トライブス・ヴァイブス・アンド・スクライブス』から『ブルー・ムーズ』にかけリチャードと共に制作に深く携わっていたグラハム・ハーヴェイ、JD73名義で作品発表をしているダン・ゴールドマンと興味深い制作陣が名を連ねる。

前作の“Ain’t Nobody’s business But My Own”同様にスキー・オークンフルと制作した“Hold On”は重心の低いボトムと空間的な上モノで欧米のディープハウス・トレンドそのもの。アルバム・タイトル曲はMFSBの後期曲“Mysteries Of The World”を思わせるベースラインと同グループ初期の壮麗なストリングスが重なったグルーヴィー・チューン。“Saints And Sinners”はいわゆる「グラスパー後」のビート構築に、ハウス・クリエイターの創るR&Bのそれっぽい上モノが乗る。

今作にはアシッド・ジャズ・シーン黎明期にはスーツにタイドアップして踊っていたような、マンボ調の“Trippin’On This Feelin’”、ラテン・ジャズな“Columbus Avenue”といったアダルト志向のダンス音楽がある。

  • DISC 1
  • 1. Dance To My Drums
  • 2. Life Between The Notes
  • 3. Hold On
  • 4. Saints And Sinners
  • 5. Trippin' On This Feeling
  • 6. I've Got A Weakness For Your Love
  • 7. Tomorrow Never Lies
  • 8. Colombus Avenue
  • 9. Caught In The Grey
  • 10. Been There Before
  • 11. More Than Getting By
  • 12. The Poetry Of Life
  • 13. Sunships On The Shores Of Mars
  • 14. I'm Only Here To Remind You

Related Releases