リリース情報

“Folk Songs For Trains, Trees And Honey”+“THE ROLLS & WAVES EP”
SAVATH & SAVALAS
“Folk Songs For Trains, Trees And Honey”+“THE ROLLS & WAVES EP”
サヴァス&サヴァラス
『『フォーク・ソングス・フォー・トレインズ、トゥリーズ&ハニー』+『ザ・ロールズ&ウェイヴズEP』』
2018/05/02
CD
PCD-22407
定価:¥2,200+税

奇才スコット・ヘレン(a.k.a. プレフューズ73)がサヴァス&サヴァラス名義で残した不朽の大名盤が待望のリイシュー!
同時期のEP全曲をボーナス収録した日本独自仕様!

ジャズのエッセンスにシカゴ音響派のテクスチャー、生楽器とエレクトロニクスで紡がれた浮遊感のあるサウンドは“ポストロック”や“エレクトロニカ”などと一言では括れない00年代の幕開けに相応しい永遠のサウダージ!

サヴァス&サヴァラス、プレフューズ73などの名義を使い分け、00年代のIDM/エレクトロニカシーンに多大な影響を与えたスコット・ヘレン。ヴォーカル・チョップの手法を用いた『ヴォーカル・スタディーズ・アンド・アップロック・ナレーティヴス』(2001年/Warp Records)でヒップホップに新しいアプローチを成し遂げたプレヒフューズ73名義で語られることが多いアーティストですが、その前年2000年にUS/シカゴのHefty Recordsから発表された本作はスコット自身のルーツでもあるジャズのエッセンスを生楽器の演奏とエレクトロニクスを絶妙にブレンドしたサウンドプロダクションで、当時はまだ定義が曖昧であった“エレクトロニカ”シーンにおいてエポックメイキングな1枚として高い評価を受けました。また当時日本でも7曲目の「ジャーニーズ・ホームズ」が大手学習塾のテレビCMに使用されるなど音楽的な評価はもちろんのことリスニングミュージックとしても非常に話題になった作品です。さらに今回のリイシューにあたり、同時期に制作された『ザ・ロールズ&ウェイヴズEP』を全てボーナス音源として追加収録!

http://smarturl.it/savath-folksongs

  • DISC 1
  • 1. Beginning
  • 2. Transportation Theme
  • 3. Binoculars
  • 4. Conditioning
  • 5. Aftergrude
  • 6. F Ride + Blues
  • 7. Journey's Homes
  • 8. Paulo
  • 9. Slabulas
  • 10. Rolls And Waves Of Ignorance
  • 11. Paths In Soft Focus
  • 12. Folk Song For Cello
  • 13. Decatur Queen
  • 14. Rolls And Waves Of Acknowledgement