リリース情報

Roll With You
ELI "PAPERBOY" REED & THE TRUE LOVES
Roll With You
イーライ・ペーパーボーイ・リード&ザ・トゥルー・ラヴズ
『ロール・ウィズ・ユー』
2008/10/17
CD
PCD-20035
定価:¥2,000+税
レーベル: Q Division
解説付 歌詞付 対訳付 ※ボーナス・トラック1曲収録 ※解説:岩間慎一(bmr)

ガチで驚愕のド迫力ヤング・ソウル!オーティス・レディングやサム・クックの霊が乗り移ったとしか思えないこの声、このスタイルで白人、しかも20代、おまけに全曲オリジナルというからもっとオドロキ!ヴィンテージな’60sディープ/サザン・ソウルの世界を奇蹟的に再現しつつ、しかもPOPで親しみやすいグルーヴ感を持ったサウンド、そして情念こめまくりのソウルフルなシャウトで今年ブレイク必至のイーライ君、輸入盤にボートラどっさり追加した日本盤が颯爽登場!

★エイミー・ワインハウスよりも本格派で、シャロン・ジョーンズよりも聴きやすい!
ヴォーカルと作詞作曲担当のイーライ・“ペーパーボーイ”・リードを中心にボストンで活動する7人組ソウル・バンドがザ・トゥルー・ラヴズ。シャロン・ジョーンズ&ザ・ダップ・キングスやエイミー・ワインハウスのヒットによって脚光を浴びるネオ・ヴィンテージ・ソウル・シーンに現れた新たな才能が彼らだ。サザン・ソウルを中心にR&B、ジャンプ、ブルースなど、イーライ君の’60sブラック・ミュージックへの愚直な愛情がそのまま結晶となったような奇跡的サウンドと歌唱は白人だからってバカにできない!

★欧米メディアもこぞって大絶賛の“歌ヂカラ”は今後のブレイク必至!
超グルーヴィなスマッシング・ソウル「Stake Your Claim」でスタートし、2曲目&3曲目のミドル/バラッドではHiやStax直系のシンプルなサザン・サウンドが炸裂。シャウトしまくりの歌も実に味わい深い。他にもノリノリのファンク・ナンバー「The Satisfier」「Boom Boom」、濃厚すぎる絶唱系バラッド「Fooling Myself」、コテコテのシャッフル系ジャンプ・ナンバー「Take My Love With You」など、圧巻のデビュー・アルバム!

「歌手には二種類あって、ただ歌を歌う歌手と、表現力の力強さが聴くものの度肝を抜くような歌手がいるが、イーライ・“ペーパーボーイ”・リードはまさに後者の種類に当てはまる…彼は今年度の決定的な“ヴォイス”(声)になりかねない」
 

―MOJO MAGAZINE

 

「リード氏はオーティス・レディングやサム・クックのスタイリッシュで力強いR&Bを、説得力ある品の良さを持って思い起こさせる」
 

―THE NEW YORK TIMES

 

「彼は心底ソウルの申し子だ・・・エイミー・ワインハウスよ気をつけろ!」
 

―VILLAGE VOICE

 

「リードが魂込めて歌い上げるのを一目見て、彼が発した一つ一つの音符が彼の本心だということが明白だった。」 
 

―BILLBOARD

 

「巨人たちに匹敵する声を持ち備えた若きボストニアンが作り出す、悪びれることないレトロ・ヴィンテージ・ソウル」 
 

―THE WORD

 

  • DISC 1
  • 1. Stake Your Claim
  • 2. Am I Wasting My Time
  • 3. It's Easier
  • 4. The Satisfier
  • 5. Take My Love With You
  • 6. I'll Roll With You
  • 7. She Walks
  • 8. I'm Gonna Getcha Back
  • 9. Won't Give Up Without A Fight
  • 10. (Am I Just) Fooling Myself
  • 11. (Doin' The) Boom Boom
  • 12. Walkin' and Talkin' (For My Baby)