リリース情報

ダイモニオン
八反田友則
ダイモニオン
Hattanda Tomonori
『daimonion』
2019/11/20
CD
PCD-18870
定価:¥2,273+税

な、なんというブルースだ!黒人なのか日本人なのか?老人なのか壮年なのか?日本語なのか英語なのか全く分りゃしねぇ、しかし聴けばそんなこたぁどうでも良くなる。物凄い歌魂がドッペリとドグロを巻いている。

■80余年も前のブルースにしばられ、血へどをふりまくように声を吐く男。ロバート・ジョンソン、ジョン・リーら黒い巨星が生きた、劣悪なそのものの「環境」を、21世紀の自己の体内を通じ表現している。その体現化された認識は優れたアートの人ならではだと思う。<藤田正>

■「しろい月」という歌は原曲がサン・トーマスの「Stormy Monday」 となっているが跡形もなく変型していて完全なるオリジナルに聴こえる。いわゆるオルタナである。アルバム冒頭からジョン・リーがダーク・マディボトム・ブルースで出したような歪んではいるが堅い芯のある電気ギター・サウンドが唸りをあげる。そして数曲デルタ・ブルース流儀の曲が続くが五曲目あたりから私はよりこのミュージシャンの本質的なものを感じてきた。
ただのブルース・ミュージシャンではない。唸りか歌唱か?上手いか下手か?そんなことを考えることは許さない地平に八反田はいる。<W.C.カラス>

  • DISC 1
  • 1. 眼からなるもの
  • 2. うつせみ
  • 3. Me And The Devil
  • 4. ここじゃ足りない
  • 5. きみを知る世界
  • 6. しろい月
  • 7. うつくしききみを
  • 8. Future Blues
  • 9. 光となって
  • 10. おれの名を
  • 11. Dark Was The Night
  • 12. 夜のしじまに