リリース情報

Port Entropy
SHUGO TOKUMARU
Port Entropy
トクマルシューゴ
『ポート・エントロピー』
2010/04/21
CD
PCD-18621
定価:¥2,381+税
歌詞付

超ロングセラーとなったサード・アルバム『EXIT』以来、2 年半ぶりとなる待望のフル・アルバムが遂に完成! 同名ミニ・アルバム(09 年発売)に収録された「Rum Hee(ラムヒー)」を含む全12 曲の中にトクマルシューゴのエッセンスを余すところなく凝縮し、トクマルシューゴ以外には成し得なかった新しいポップ・ミュージックの形がここに。圧倒的な傑作にして、長く聴き継がれるマスターピースになることに疑いの余地がない、今年最大級の話題作。

「言葉にできない色とりどりの感覚/感情が押し寄せてきて、光の中、柔らかい音のハンモックに揺られるような気持ちよさ。フォークでもロックでもポスト・ロックでも民族音楽でもトイポップでもコラージュ音楽でもある。(中略)驚異のマルチ・インストゥルメンタリストにして希なる作曲能力を持ったシンガー・ソングライター、エンジニアにしてプロデューサー、パフォーマー。トクマルシューゴこそは21 世紀の東京が生み出した最大の鬼才のひとりだ」

―小野島大(SPA 2009 年4 月7 日号)

「大人数の演奏を多重録音した豪華で分厚い『ウォール・オブ・サウンド(音の壁)』が60~ 70 年代にもてはやされたが、トクマルが1 人で築いた音の壁も、00 年代の新たな響きとして聴かれそうだ」

―日経新聞(2009 年7 月5 日付)

「自給自足のポップ宇宙。そこでは無数の粒子が楽しげに躍動している」

―ニューヨーク・タイムズ紙

◯ 2007 年10 月に『EXIT』をリリース後、その類い希な音楽センスが口コミから世界/メディアに拡大し続け、世界各国でのリリース、数度の北米/ヨーロッパ・ツアー、朝日新聞でのコラム連載、NHK「トップランナー」やNHK 教育「ニャンちゅうワールド放送局」の楽曲担当・出演、無印良品CM のサウンド・プロデュース、SONY VAIO 新CM や IOC(国際オリンピック委員会)のスポット広告で楽曲起用、iTunes 限定シングル「Sleigh Ride」のリリース等々、国内外を問わず、途切れない話題を提供してきたトクマルシューゴ。

◯そうした慌ただしさが嘘のような、いつも通りひとりきりの濃密な制作作業から生まれた今作には、シャンパンの弾けるような爽やかさと熟成させたとびきり芳醇なワインのコクとが無理なく共存しているかのようで、聴きやすくも実に味わい深く、何度聴き返しても心地良い発見があり、長く聴き継がれるマスターピースになることは疑いようもない。

◯泉のように湧き出る素晴らしいメロディとハーモニー、複雑さを複雑さと感じさせない自在なリズム展開とアレンジ、無数の楽器/非楽器から生まれる新しい響きと音色。日本語詞による独自のポップスを追求していながら、その音楽は国境を軽々と超え、世界中に浸透しつつある。

◯演奏・録音・ミックスは、これまでのアルバムと同様、全てトクマルシューゴ本人が担当(ZAK との共同作業となった「Rum Hee」を除く)。マスタリングは、ニューヨークの名門スターリング・サウンドのシニア・エンジニア、グレッグ・カルビ(ボブ・ディラン、ノラ・ジョーンズ、MGMT、ヨ・ラ・テンゴ、アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズ他)が担当。

  • DISC 1
  • 1. Platform
  • 2. Tracking Elevator
  • 3. Linne
  • 4. Lahaha
  • 5. Rum Hee
  • 6. Laminate
  • 7. River Low
  • 8. Straw
  • 9. Drive-thru
  • 10. Suisha
  • 11. Orange
  • 12. Malerina

Related Releases

  • SHUGO TOKUMARU「ラムヒー」

    ラムヒー
    2009/04/02 PCD-4396 定価:¥1,886+税
  • トクマルシューゴ「EXIT」

    EXIT
    2007/10/19 PCD-18518 定価:¥2,381+税