リリース情報

人生、山おり谷おり
MONO NO AWARE
人生、山おり谷おり
モノ ノ アワレ
『人生、山おり谷おり』
2017/03/02
CD
PCD-18026
定価:¥1,800+税

FUJI ROCK FESTIVAL'16「ROOKIE A GO-GO」3日目のトリを務めた、変幻自在のギター・ポップ・バンド!!

多彩な楽曲群を、1枚の紙から様々な造形を織りなす"折り紙"に例え、普遍の驚きと楽しさを備えた衝撃のデビュー作、遂に完成。

 

2016年9月にはりんご音楽祭に出演、Fashionsnap.com等のファッション系媒体でも2017年のブレイクアーティストに選出され るなど、東京インディ・シーンでじわじわと注目を集める期待のニューホープ。ひねくれたメロディラインとポップさが絶妙な塩梅で両立しており、ポップ・ ミュージックの型にはまらない様々な曲展開や、言葉遊びと独特のリズムに溢れる歌詞によって構成される楽曲群は、極めてバラエティ豊かである。今作「人 生、山おり 谷おり」においては、その多彩な楽曲群を、1枚の紙から様々な造形を織りなす"折り紙"に例え、人類普遍の驚きと楽しさを備えた作品であることを示してい る。先行MVが公開されている「井戸育ち」、アワレ流のダンス・ロックチューン1stシングル「イワンコッチャナイ」、スローバラード「me to me」の再録ヴァージョン、切ないグッド・メロディーから激情のごとくギターパートへと移行する新曲「駈け落ち」等、ポップ・ミュージックの型にはまらな い多種多様なサウンド・スケープを展開する全10曲を収録。

MONO NO AWARE

<プロフィール>
東京都八丈島出身の玉置周啓、加藤成順と共に大学で出会った同級生の竹田綾子、柳澤豊で構成される。
2013 年結成。2015 年1 月からドラムが柳澤豊に変わり、徐々に現スタイルに。
2015 年12 月、初となる自主制作E,P、「舟」をリリース。新宿MARZ でリリースイベント「波止場」を開催
2016 年には、1st single、「イワンコッチャナイ/ダダ」をリリース。同年、フジロックフェスティバルのROKIE A GO-GO
3日目の締めに出演。同年の9 月には、りんご音楽祭にも出演が決定。バンド名のごとく曲ごとにその曲調は大きく流動しつつも、一筋縄ではいかないメロディラインと言葉遊びと独特のリズムに溢れる歌詞でどの曲も喜怒哀楽では測りきれない感情を抱かせる。

  • DISC 1
  • 1. 井戸育ち
  • 2. マンマミーヤ!
  • 3. わかってるつもり
  • 4. イワンコッチャナイ
  • 5. me to me
  • 6. To(gen)kyo
  • 7. ブーゲンビリア
  • 8. 明日晴れたら
  • 9. 夢の中で
  • 10. 駈け落ち