リリース情報

Nothing But A House Party - The Birth Of The Philly Sound 1967-71
V.A.
Nothing But A House Party - The Birth Of The Philly Sound 1967-71
V.A.
『ハウス・パーティ~フィリー・サウンドの誕生 1967-71』
2017/06/21
CD
PCD-17764
定価:¥2,700+税
解説付 ※翻訳:新井宗嗣

洗練の極みを体現した、あの華麗なるフィリー・サウンド誕生の秘密を探るコンピレーション!

60年代半ばのモータウン・サウンドと同じく、70年代のフィリー・サウンドはフィラデルフィア・インターナショナル・レコードの設立とともに一夜にして突然、出現したわけではない。本コンピレーションは、1967年から71年の間にフォーカスし、いかにしてフィラデルフィア産の作品が60年代初頭の軽いキャミオ/パークウェイのサウンドから、相当に独創的で洗練されたものへと変化していったかをとらえたものである。収録曲に参加しているミュージシャンのほとんどは後のMFSBのメンバーになる面々で、1971年から76年にかけてのフィリー産ブラック・アメリカンの作品のほぼすべての音楽的なバックボーンになっている。ソングライターやプロデューサーの多くも、70年代にはるかに大きな名声を得ることになる連中だ。フィラデルフィアがいかにして20世紀のソウル・ミュージックにおける最重要都市のひとつとなったか、その秘密がここに明かされる!

  • DISC 1
  • 1. The Show Stoppers - Ain't Nothing But A House Party
  • 2. The Delfonics - You've Been Untrue
  • 3. George Tindley - It's All Over But The Shouting
  • 4. Jerry Butler - Never Give You Up
  • 5. Honey & The Bees - Help Me (Get Over My Used To Be Lover)
  • 6. Executive Suite - Christine
  • 7. Cliff Nobles - Love Is All Right
  • 8. The Ambassadors - Ain't Got The Love Of One Girl (On My Mind)
  • 9. Lou Jackson - Peace To You Brother
  • 10. Archie Bell & The Drells - My Balloon's Going Up
  • 11. Brenda & The Tabulations - That's The Price You Have To Pay
  • 12. The Moods - Rainmaker
  • 13. Moses Smith - Keep On Striving
  • 14. Sonny Ross - Piper Must Be Paid
  • 15. Barbara Mason - You Better Stop It
  • 16. Sunshine - Goin' Home To An Empty House
  • 17. The Intruders - Every Day Is A Holiday
  • 18. Freddie Scott - (You) Got What I Need
  • 19. Len Barry - Girl You're Too Young
  • 20. Oscar Weathers - Your Fool Still Loves You
  • 21. The Continental 4 - What You Gave Up
  • 22. Peaches & Herb - Let's Make A Promise
  • 23. Winfield Parker - I'm On My Way
  • 24. The Ethics - Standing In The Darkness