リリース情報

ボブ・ディランは何を歌ってきたのか
萩原健太
ボブ・ディランは何を歌ってきたのか
Kenta Hagiwara
『Bob Dylan's song』
2014/08/06
BOOK
ISBN-978-4-907276-18-8
定価:¥1,800+税
レーベル: ele-king books
size : 四六判 / 384頁

すべての「ボブ・ディラン本」へのアンサー。約50枚におよぶディスコグラフィを丹念にたどった、著者自身が代表作と語るボブ・ディラン論の決定版。

萩原健太の『ボブ・ディランは何を歌ってきたのか』は、1962年のデビュー・アルバム『ボブ・ディラン』から2012年の『テンペスト』までの、約50枚にもおよぶディスコグラフィーであり、萩原健太によるボブ・ディラン論でもある。長年、ディランを研究し続けて来た著者の、作品ごとの詳細な解説をしながら「現在」までのディランを丹念に描いた、渾身の書き下ろしだ。60年代の黄金期を繰り返すことなく、なおも「現役」であり続ける巨匠の姿がいま、はっきりと立ち上がる。

■萩原健太
1956年2月10日生まれ。音楽評論家。1978年3月 早稲田大学法学部卒業。同年4月 早川書房入社。1981年6月 早川書房退社。その後フリーとして活躍。 執筆活動、TV出演などを通じて音楽評論を行なう。 他、音楽プロデュースも手がける。著作に『はっぴいえんど伝説』(シンコー・ミュージック)、『ポップス・イン・ジャパン』(新潮社)等がある。
【 重版出来!】 ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞!
『ボブ・ディランは何を歌ってきたのか』(萩原健太・著)重版いたします!

 

ele-king books商品ページ
http://www.ele-king.net/books/004646/

Amazon

amazon-logo

 

P-VINE Official Shop

shop-buner