リリース情報

DMF presents  Can’t BAN DA Killa Eat
Killa Eat
DMF presents Can’t BAN DA Killa Eat
Killa Eat
『DMF presents Can’t BAN DA Killa Eat』
2019/06/05
CD
DMF-004
定価:¥2,500+税

DMFのライヴでも異様な存在感を見せつけている氷山の一角に陣取るイエティ、青森麿物「EAT」が「KILLA EAT」として遂にアルバムをリリース。

DMFのライヴでも異様な存在感を見せつけている、氷山の一角に陣取るイエティ、青森麿物「EAT」が「KILLA EAT」として遂にアルバムをリリース。捻りに捻りを加えまくって生まれたサイケデリアの罠。DMF TRAPと称される一線を超えたクールネスとヒートの同居するトラップの上で繰り広げられるKILLA EATの笑いと恐怖に満ちたワードレスリング。

今作品にはDMFのメンバーはもちろん、旧交を燃やし続けているONE-LAW、DOPEY、そしてBLYYが参加。BEDをはじめ様々なステージで共に動く、BES、仙人掌、ERA、J.COLUMBUSも参加。新鋭プロデューサーface offのトラックにも注目したい。

<PROFILE>
00年18歳で上京、興味本位からクルーを組みラップを始めるものの、当時の仲間はそれぞれの事情でヒップホップから離れクルーも自然消滅。その後、同郷青森ながら東京を拠点に活動するクルーNSPに参加、都内各所でライヴやイベント運営などマイペースに続ける。06年頃より親交のあったBLYYの主催するイベントにレギュラー出演を重ねるものの、07~10年突如失踪し姿を消し音楽と距離を置いた生活を送る。11年帰還後、BLYYも活動拠点としていた池袋BEDに出入りするようになるに準じてソロマイカーとしての音楽活動も再開、BEDにて自身のイベントSKYを主催。13年自主レーベルMymy Me So(マイマイミーソー)を設立。 ファーストアルバム「THE EAT」をリリース。WDsounds「5014 MOST WANTED」への参加やDOPEYとの「猛虎村乃唯一無二乃首領」のリリース。DMFのメンバーとしても異様な存在感を見せつけている。バーも経営しているらしい。

  • DISC 1
  • 1. can’t ban da killa eat intro. / BES
  • 2. 雪山 mafia / killa eat
  • 3. piston / killa eat feat BLYY
  • 4. 狼 child / killa eat
  • 5. Requiem / killa eat
  • 6. more & more / killa eat feat J.COLUMBUS & ERA
  • 7. money gramz / killa eat feat 仙人掌 & knzz
  • 8. savage language / DMF ( killa eat, knzz, a-thug )
  • 9. PKG. pv version / DMF ( killa eat, knzz, a-thug )
  • 10. The deep sea. / killa eat