MORITZ VON OSWALD TRIO モーリッツ・フォン・オズワルド・トリオ

モーリッツ・フォン・オズワルド・トリオ(MORITZ VON OSWALD TRIO)

モーリッツ・フォン・ オズワルド:
1993年、マーク・エルネストゥスと共に独ミニマル・テクノ不滅の金字塔となったプロジェクト、ベーシック・チャンネルを立ち上げ、ダブ/レゲエにより深く傾斜したユニットであるリズム&サウンドと共に、後続に計り知れない影響を与える。昨年、世界随一のクラシック・レーベルである独グラモフォンからリリースされたカール・クレイグとのコラボレーションも絶賛を浴びた。

ヴラディスラフ・ディレイ:
1990年代末にベーシック・チャンネル直系のチェイン・リアクションからのリリースで一躍注目を集め、その後も独自のミニマル・ダブを追求し続けるフィンランド出身のアーティスト。ヴォーカルを取り入れ、よりダンサブルなハウス志向を見せるLUOMO名義の作品でも人気を博している。

マックス・ローダーバウアー:
1990年代を通じ、ベルリンのユニット、サン・エレクトリックのメンバーとして、R&S/Apolloからアンビエント・テクノの傑作を数多く発表。現在は、トビアス・フロイントと新たなユニットNSI(Non Standard Institute)を結成し、ルチアーノ主宰のCadenzaやフィンランドのSahkoなどからエクスペリメンタルなミニマル作品をリリースしている。

モーリッツ・フォン・オズワルド・トリオ(MORITZ VON OSWALD TRIO)のリリース

モーリッツ・フォン・オズワルド・トリオ(MORITZ VON OSWALD TRIO)の参加作品

  • V.A.

    V.A.
    2016/04/20 CD PCD-20368 定価:¥2,000+税
  • AMBIQ

    AMBIQ
    2015/12/16 CD PCD-24446 定価:¥2,400+税