井上鑑

井上鑑

1953年9月8日、東京生まれ、作編曲家、作詞家、ピアノ、キーボード奏者。チェリスト・井上頼豊の長男であり桐朋学園大学作曲科にて三善晃氏に師事。桐朋入学前後より故・大森昭男氏との出会いにより CM 音楽作曲、スタジオワークを始め、現在に至るまで寺尾聰「ルビーの指環」大滝詠一、福山雅治、他膨大な数のヒット曲、話題作を生み出す。1981 年 single「Gravitations」、Album「予言者の夢」で東芝 EMI よりソロデビュー、以降先鋭的サウンドとメッセージに満ちた言葉を駆使した通算 17 枚のソロアルバムを発表。初期作品も再発売が相次ぎ、新世代 DJ たちの熱い支持を得ている。創作活動はジャンルを超え、箏や津軽三味線などの邦楽器やチェロを始めとする弦楽器と真摯に向き合った作品は独特の変拍子感覚と近現代的書法、優美なメロディーとハーモニーを併せ持つものである。2011年、書籍「僕の音、僕の庭」発表、2013年より「連歌・鳥の歌」プロジェクト主宰、現地カザルス財団のサポートを得て 2016年カタルーニャ、ウクライナにて公演。同時期よりソロリサイタルを年1回シリーズで開催。Bela Bartok, Peter Gabriel を敬愛し David 㻾hodes, 㼀chad Blake など英国アーティストとの作品作りを 80年代より続けている一方、盟友である今剛、山木秀夫などと商業ベースを超えた音楽作り+ライブを精力的に展開。

井上鑑のリリース

  • 井上鑑「Karsavina」

    Karsavina
    2020/04/29 CD PCD-26076 定価:¥2,600+税