DJ HARVEY DJハーヴィー

DJハーヴィー(DJ HARVEY)のオフィシャルサイト http://www.facebook.com/pages/DJ-Harvey/88409697422

DJハーヴィー(DJ HARVEY)

ハウス、ディスコ・ダブ、バレアリックのパイオニア、リエディットの帝王。そして、DJ として最も神の領域に近い男と称されるリヴィング・レジェンド。イギリス・ケンブリッジ出身。’80 年代半ばのロンドンでDJ キャリアをスタート。DIY クルー、トンカ・サウンド・システムに属し、レイヴ~ウェアハウス・パーティーでその名を馳せ、“セカンド・サマー・オブ・ラヴ”の’80 年代末に頭角を現わす。そして’91 年に始めた自身のパーティ< Moist >でDJ としての音楽的評価を決定的なものにする。彼のプレイはハウスにとどまらず、ジャズ、ソウル、ファンク、ラテン、ロック、ディスコ、ブレイクビーツ、テクノなどを融合、その独特なスタイルは”NU ハウス”と呼ばれ、ロンドンからヨーロッパ全域へと広がりを見せた。< Moist >には、史上最高のクラブとして今も語り継がれている< Paradise Garage >のレジデントで、DJ の神として崇められている故ラリー・レヴァンも出演。ハーヴィーはラリーとの交流を深め、当時、イギリス初の巨大クラブ< Ministry Of Sound >のコンセプトおよびサウンドシステムの設計を担っていたラリーをサポート、その後同所でレジデントDJ も務めた。制作面では、現在もカルトな人気を誇る[Black Cock] を主宰、近年のディスコ・リエディットの源流となる歴史的傑作を多数リリース、イジャット・ボーイズ、リンドストローム、プリンス・トーマス、ラブ‘N’ タグ、DJ ガースなど、これまでに影響を与えたDJやアーティストの数は計り知れない。2000 年代に入るとロサンゼルスに移住。国境を越えて熱狂的なパーティー・ロッカーが集う< Harvey Sarcastic Disco >やホノルルの< Thirtyninehotel >でレジデントDJ として活躍。イタロ・ディスコ、コズミックを含むレフトフィールドなディスコやバレアリック復権の流れに極めて大きな影響を与え続けてきた。制作面では、トーマス・ブロック(ラブ‘N’タグ)とのユニット、マップ・オブ・アフリカ名義ではブルージーなサイケデリック・ロック、’11年に [International Feel] からアルバムを発表したロクスソルス名義ではフロアライクな楽曲が特長。

DJハーヴィー(DJ HARVEY)のリリース