DAVID KIMBROUGH JR. デイヴィッド・キンブロウJr.

デイヴィッド・キンブロウJr.(DAVID KIMBROUGH JR.)

伝説のブルースマン、ジュニア・キンブロウの真の後継者となる息子デイヴィッド・キンブロウ。

6歳から父親の下で音楽を始めるが、10代後半に麻薬に溺れ、ついには強盗を起こしてパーチマン刑務所に収監される。

服役中は刑務所バンドで活動、全国ツアーを行う。7年半後に仮釈放され94年ファット・ポッサムよりデビュー・アルバム『I Got The Dog In Me』をリリースした。

父親のジュークジョイントを中心に順調に活動していたが、98年の父親の死により人生が狂い始め、事件を起こして再びパーチマン刑務所に収監されてしまう。

2005年2月の仮釈放後、『シェル・ショックト』を新たな出発点として制作。

デイヴィッド・キンブロウJr.(DAVID KIMBROUGH JR.)のリリース

  • DAVID KIMBROUGH JR.「Shell-Shocked」

    Shell-Shocked
    2007/10/05 CD PCD-93014 定価:¥2,415(税抜¥2,300)

デイヴィッド・キンブロウJr.(DAVID KIMBROUGH JR.)の参加作品

  • V.A.

    V.A.
    2013/12/18 CD PCD-24320 定価:¥2,640(税抜¥2,400)