WARD 21 ワード 21

ワード 21(WARD 21)

場所はジャマイカのウォーターハウス、今から遡る事16年…泣く子も踊るサウンド・システム=Jammy's Super Powerでセレクター(DJ)を担当していた4人の少年達=Kunley McCarthy、Andre 'Suku' Gray、Mark 'Meandawg' Henry、Ranaldo 'Rumblood' Evansにより結成されたアーティスト/プロデューサー・クルー。Wonder Boys=不思議な少年達としてレゲエ・シーンに迎え入れられた彼らは、クルー名として精神病棟=Ward 21(西インド諸島大学付属病院の第21病棟)を背負い、老舗レーベル<King Jammy's>内で裁量を任されたレーベルには、<Mentally Disturbed>=頭が狂ってると命名。<King Jammy's>にてキング・ジャミーことロイド・ジェームスの息子達=John John、Jam II、Baby Gらと切磋琢磨しながら修行を積んだ。その後、アメリカはNYの名門<Natural Bridge>との契約を経て、現在は自身達のレーベル<Misik Music>や若手育成アーティスト・キャンプ<Bada Bada Gang>を立ち上げ運営中。ジャマイカ~欧州でその圧倒的な才能を、爆発的に開花させているエキセントリックなダンスホール・サラブレッド3人衆(Rumbloodは2008年に他界)。1998年の"Bada Bada Riddim"のヒット以降、90~00年代のダンスホールは、彼らの存在無くしては決して語ることが出来ない。

ワード 21(WARD 21)のリリース