V.A.(Mixed by NICK HOLDER) V.A.(ミックスド・バイ・ニック・ホルダー)

V.A.(ミックスド・バイ・ニック・ホルダー)(V.A.(Mixed by NICK HOLDER))

ムーディーマンが[KDJ]、セオ・パリッシュが[Sound Signature]を興し、デトロイトからラディカルかつアナーキーなシングルを量産していた'90年代半ば、湖の向こう岸・トロントでも'90年代前半から詳細不明のヤバいシングルをシコシコ出していた男がいた。それがニック・ホルダー。前述の巨頭ふたりが“テクノ”のホームグラウンド発、というアドヴァンテージも手伝い、日本では「デトロイト第二世代」として熱烈サポートされるが、そうしたバックグラウンドのない彼は、欧州経由でのバズを待つこととなった。

'90年代半ばからの開業にもかかわらず「キテる」DJに次々とアプローチをかけ、やがて一大レーベルとなる[Studio K7]が彼を見初め、『One Night In The Disco』('96)、『Still On Track』('98)と2枚のアルバムをリリース。

英[NRK]はシングル単位で契約、マヌュエル・ゴッチン“E2-E4”ネタ(つまりスエーニョ・ラティーノ“Sueno Latino”と同ネタ)の“Paradise”にソルト・シティ・オーケストラのリミックスをつけてリリース('97)、まずはディープ・ハウス・シーンで話題に。続いて従来のニックからは思いもよらないサンバ・ネタの“Da Sambafrique”をカット('98)、ラウンジーなコンピのお供としてこの後次々と使用される。ニックの人気を決定的なものとしたのは、ハウス界全般でラテン/ブラジリアンなテイストが人気を博した時期のリリースというタイミングも手伝い、上記のような著名DJが続々プレイした、パット・メセ二ー・グループ“Slip Away”ネタの“Summer Daze”('01)。これを機に「夏男」としてクラブ・フリーク間で名が広く流通するも、どっこい本人は多名義を操ることで作風もいろいろ変え、関連レーベルも転がして精力的なリリースをみせている。