STONED SOUL PICNIC ストーンド・ソウル・ピクニック

ストーンド・ソウル・ピクニック(STONED SOUL PICNIC)

Poterock(トランペット、プログラミング)、A(l トロンボーン)、服部正太郎(プログラミング、ギター)の3人組。古いイージーリスニングなどのレコードをサンプリングしたトラックにホーンセクション、 ギター、キーボードが乗るというスタイルで生演奏のダイナミクスと自由度の高いクラブミュージックを融合。近年では珍しくなくなった手法ではあるが、結成 した2000年頃はまだ珍しく、楽観的なパーティーミュージックは当時のビッグビートの流行と合致して各地のダンスフロアを沸かせた。 2006年から活動休止するも、絶妙な構成と軽快なリズムがキャッチーなサウンドは現在もフジテレビ「ワイドナショー」をはじめテレビ番組のテーマ曲や BGMでお茶の間を沸かせつづけている。 フジテレビ「にじいろジーン」など番組のテーマ曲からTVCMなどの作家活動を個々に行ってきたが、今年4月『月影サーカス(feat.奇妙礼太郎/杉瀬 陽子) c/w GROOVY CATWALK』をデジタルリリースし本格的に活動再開。

ストーンド・ソウル・ピクニック(STONED SOUL PICNIC)のリリース