RUFUS TROUTMAN ルーファス・トラウトマン

トークボックス・ミュージックのレジェンドである故ロジャー・トラウトマンの甥であり、ロジャーからトークボックスの手ほどきを受けたサラブレッドなトークボックス・プレイヤー/プロデューサー。
一時期はザップの一員としても活動した、ロジャー/ザップ・サウンドの正統なる継承者のひとり。01年にファースト・ソロ『No Compromise』をリリースするも音楽業界から距離を置いていたこともあり、長らく入手困難な幻のアルバムとしてファンに語り継がれることに。09年には8年ぶりとなるセカンド・アルバム『All Things Are Possible』をリリース。

ルーファス・トラウトマン(RUFUS TROUTMAN)のリリース