RHIAN AYANNA ライアン・アヤナ

ライアン・アヤナ(RHIAN AYANNA)

ニューヨークで生まれ、西インド諸島で育ったライアンは、多様さ、暖かみ、そして情趣を持つことを運命づけられていた。
ゴスペルからジャズへと旅を続けたその声は、次第にカリビアンなメロディの中に溶け込み、都会的フレイヴァーと混ざり合う。ライアンはカメレオンと似て、自分自身が音やヴァイブレイションとなりながら、彼女を取り巻く音楽の色に自分自身を合わせることが出来る。
このような資質を持つ彼女がブルーノートでのパフォーマンス、2004年のグラミーにノミネートされたRHファクターの"Strength"(EP)への参加、そしてディガブル・プラネッツのレディバグ・メッカと共にバックグラウンド・ヴォーカルを行うといった、世界を股に掛けた活躍をすることは何ら不思議でもない。