Luke Solomon ルーク・ソロモン

ルーク・ソロモン(Luke Solomon)

イギリス出身。

シカゴ・ハウス第二期となる'96年頃に[Prescription][Guidance]から発表、シェ・ダミエの紹介でデリック・カーターと出会い意気投合、2人で[Classic]設立、ここからブレイズ、メトロ・エリア、イゾレーなどを送り出す。

またジャスティンとの[Music For Freaks]からはFreaks名義のアルバムを計3枚発表、2007年は03年に発表した“The Creeps”がニュー・リミックスを携えポップ・チャートを賑わす!

DJとしても<Classic Party>@The Endをはじめに世界各地でプレイ、こと米西海岸では以前から人気で、ドック・マーティンらと仲がいい。

ルークは’90年、相棒のジャスティン・ハリスと出会ったミドルセクス大・学生会館での金曜夜のパーティでレジデンスDJとして練習を重ね、プロDJとしてのキャリアをスタートさせた。

この時期、彼は魚屋のバイトとともに地元・バーネットのレコードショップで働き始め、ハウスとソウルのレコードを売っていた。

ルークのその後のキャリアは、ロバート・オウエンズ、フェリックス・ザ・ハウスキャット、ジェイミー・プリンシプル、マスターズ・アット・ワーク等を出した[Freetown]に職を得て保証される。

これをきっかけに、ルークはレコーディング・キャリア、ラジオ生番組を、この後長きにわたる関係となったロブ・メロ、ケニー・ホークスとそれぞれ始めることとなった。

ロブはルークをスタジオに迎え入れ、(レコーディングの)手ほどきをした。

彼らは[Freetown][Prescription Underground]用のプロダクションを制作、ルークがデリック・L・カーターに出会ったのは、[Prescription]のオーナーのシェ・ダミエを通してだった。ふたりは(クラブのやっている)深い時間やヤバいパーティに感じていた魅力のおかげで、たちまち意気投合した。

ここからDJスニーク、イゾレー、ティーフシュワルツ、グリーンズキーパーズといったアーティストが所属する、DJのレーベル、[Classic]が発足されたのだ。

この間、ルークとジャスティンは自身のプロダクション・チーム、Freaksとしての活動を深めていき(発展させていった)、ふたり自ら主宰する[Music For Freaks]のためにFreaksとしてレコーディングを行い、『The Man Who Lived Underground』(’03)を含む3枚のスタジオ・アルバムを完成させた。こうした道のりが現在へと至る。

ルークはレコードレーベル・ビジネスから一歩離れ、制作に集中することを決断。Freaksの最新作『Psych』では、ドイツの[Ladomat]と契約を結んだ。

彼等は5人編成でツアーを行い、スイスやオランダなどその他多くの国々で新たなファンを獲得。ルークは自身の作品のリ・エディットと制作で多忙で、レイディオ・スレイヴ、ヘンリク・シュワルツらと作業をしている。

現在[Crosstown Rebels][Gallery][Icon][Rekids]などとシングル契約を結んでおり、最近では[Cajual][Relief]の世界観に招かれ、“Monsters”と題された[Cajual]からのファースト・シングルを作り終えたところである。

ルーク・ソロモン(Luke Solomon)のリリース