Kozy Ouchi コージー大内

1968年丙午九州日田市生まれ

10代の頃はボブ・ディランを愛聴。21歳の頃にテキサスのブルースマン、ライトニン・ホプキンスを聴いてテキサス流儀のカントリー・ブルースを歌い出す。

20代後半から、ライトニン大内の名で東京のブルースバーを中心に、ブルースを歌うようになる。30代になり自己のルーツにめざめ「日田の文化に根ざしたテキサス流儀のカントリー・ブルース」をテーマに、日田弁でブルースを歌うようになる。

日本でも解る人は極めて少ない日田弁に乗って疾走するブルーボイス。

独自の「弁ブルース」で日本ブルース界に新境地を切り開く大内コージの登場だ

―ミュージシャン 吾妻光良氏

 

コージー大内(Kozy Ouchi)のニュース

コージー大内(Kozy Ouchi)のリリース