KERO ONE ケロ・ワン

ケロ・ワン(KERO ONE)のオフィシャルサイト http://kero1.com/

https://www.facebook.com/kerouno?_rdr=p

ケロ・ワン(KERO ONE)

ケロ・ワンはサンフランシスコのベイエリア出身のDIYスタイルで成功してきたラッパー/プロデューサー/DJだ。

自宅のベッドルームだけで制作し、個人のクレジットカードでレコードのプレスを発注した。それが2003年のデビュー作である12インチ作品の「Check the Blueprints」で自身のPlug Labelからのリリースだった。ディストリビューションのノウハウなど知らなかったので、自身でリサーチして、アポ取りの電話に時間を割き、友人に協力も依頼した。約50枚ほどがアメリカ国外に輸出され、偶然にもそのうちの一枚が東京の小さなレコード屋に届いた。数週間後、とあるDJがこのレコードを見つけ、その晩のクラブイベントでプレイしたところ大反響で、その場にいた日本のレーベルの役員はすぐにケロ・ワンに連絡を取り、3000枚買い取るとオファーしたという。「Check the Blueprints」は日本においてアンダーグラウンド・ヒップホップのクラッシクとなり、その数カ月後には日本の音楽集団Jazzy Sportよりツアーに招聘された。ケロ・ワンは日本の各地でパフォーマンスを行い、多くのファンから写真やサインを求められ、非常に驚いたという。それは音楽でキャリアを成すということが現実になった瞬間であった。

2005年には1stアルバム『ウインドミルズ・オブ・ザ・ソウル』を完成させた。楽器からラップ、サウンド・エンジニアまで自身でこなした作品だ。レコード・レーベルやストリート・プロモーション・チームなど使わずに、ケロ・ワンはビジネスを自分自身でコントロールした。マーケティングから製造、経理、デザインのアート・ディレクションはもちろん、個人的にプロモCDをトレンドメイカーに手渡しして回ったりもした。

結果的にそのハードワークは報われた。『ウインドミルズ・オブ・ザ・ソウル』はケロ・ワンの示唆に富むリリックと、生楽器とダスティなサンプリンングが溶け込んだサウンドスケープで大いに高い評価を得た。翌年にはウェブ・デザイナーとしての仕事を辞めて、音楽一本で生活していくことを決めた。2006年には日本のRemix誌で年間ベスト・ヒップ・ホップ・アルバム賞を受賞、スティーヴィー・ワンダーやブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アム、アロー・ブラックや韓国のヒップホップ・グループ、エピック・ハイやダイナマイト・デュオなど世界中から賞賛を受けた。ブルー+エグザイル、KRS1、ダギー・フレッシュ、などなど多くのアーティストとも共演してきた。またDJとしてもディプロ、ノサッジ・シングなどとも共演を果たす。ケロ・ワンの音楽はパリのプランタンや東京の高島屋、ハイアット・ホテル、多くのテレビ番組でも放送されてきた。韓国のラッパー、パク・キュンのためにプロデュースした「Ordinally Love」は韓国のメジャーチャートで1位を獲得した。

2015年にはケロ・ウノ名義でプロデューサーとしてのアルバム『リフレクション・エターナル』をリリース。

ケロ・ワン(KERO ONE)のニュース

ケロ・ワン(KERO ONE)のリリース

ケロ・ワン(KERO ONE)の参加作品