JOHN BUTLER TRIO ジョン・バトラー・トリオ

ジョン・バトラー・トリオ(JOHN BUTLER TRIO)のオフィシャルサイト http://johnbutlertrio.com/new/

ジョン・バトラー・トリオ(JOHN BUTLER TRIO)

十数年前、路上ライブで音楽活動をしていたジョン・バトラーは自主制作カセットを販売してスタジオに入る費用を貯め、自主リリースのソロ・アルバムを発表。その後の歴史的活躍の土台をこの瞬間築き上げたのである。
トリオ編成となり2000 年には『Three』を発表。圧倒的なスライド・プレーに加え、踊れて、ファンキーな独特のルーツ・ミュージックを披露する。2004 年には大ブレイク作となった『サンライズ・オーヴァー・シー』を発表。よりタイトに、そしてよりグルーヴが増した音に世界は驚かされた。
2007 年の『Grand National』は本国で80 万枚のセールスを誇り、アメリカのラジオ・チャートでも1 位を獲得するなど世界での認知度も一気に増した。
2009 年の6 月には新たなラインアップを発表。ブレイク作の『サンライズ・オーヴァー・シー』でほとんどの楽曲でドラムを叩いたニッキー・ボンバと、シドニーの人気ファンク・ソウル・バンド、ザ・レイ・マン・スリーのベース、バイロン・ルーターズが加入。グルーヴとリズムにより重点を置いた鉄壁の編成に変貌を遂げ、約3 年ぶりの新作『エイプリル・アップライジング』を発表。その後フジロックのメインステージで観客席を超満員にしたうえ、各地ソールド・アウトの来日ツアーも成功させている。
バンドと世界中をツアーした後、2012 年にはソロ・アコースティック・ツアーも本国で敢行し、これは『ティン・シェッド・テールズ』というライブ盤でも発表された。
そして2013 年に入り、新アルバム制作の大部分を終えた後、ニッキー・ボンバに代わり、ドラムにグラント・ゲラシーが加入することが決定。そして、待望の新作『フレッシュ&ブラッド』が遂に2014 年初頭にリリースされる。
ジョン・バトラー・トリオは今でもなお、世界のロック・バンドの中でも独特な地位を築き続けている。本国オーストラリアでは国民的バンドと言っても過言ではない存在感を誇り、インディペンデントなアーティストとして数多くの記録を作り続けている。そのほかにアメリカやヨーロッパでも幾多のソールド・アウト・ツアーを行っているのに加え、ロラパルーザからボナルー、モントルー・ジャズ・フェスティヴァルからグラストンベリーやニュー・オーリンズ・ジャズ・フェスと、多くの大型フェスの人気バンドとして出演もしている。2014年は世界遺産でもあるシドニー・オペラ・ハウスの40 周年式典での演奏も依頼されている。

ジョン・バトラー・トリオ(JOHN BUTLER TRIO)のリリース

ジョン・バトラー・トリオ(JOHN BUTLER TRIO)の参加作品