J MASCIS J・マスキス

J・マスキス(J MASCIS)のオフィシャルサイト http://jmascis.com/

J・マスキス(J MASCIS)

J・マスキスに改めて紹介が必要だとは到底思えない。ダイナソー(Jr)を結成してから四半世紀の間、マスキスは時代を代表する曲やアルバムやスタイルのいくつかを作って来た。スキーヤー、ゴルファー、ソングライター、スケートボーダー、レコード・プロデューサー、そしてミュージシャンとして、J に並ぶ者は殆どいない。彼のギターとドラムとヴォーカルのぶっきらぼうな咆哮は、一連のバンド——ディープ・ウーンド、ダイナソーJr、ゴブルフーフ、ヴェルヴェット・モンキーズ、ザ・フォッグ、ウィッチ、スウィート・アップル——を突き動かしてきたし、彼は数えきれないほどのセッションにもゲスト参加してきた。しかし、『セヴェラル・シェイズ・オブ・ホワイ』は、J にとって初となるソロ・スタジオ作であり、彼の作品といつも結びつけられるわけではない繊細さを伴って演奏された、信じ難いほど美しいアルバムである。