INCOGNITO インコグニート

インコグニート(INCOGNITO)のオフィシャルサイト http://www.incognito.org.uk/

http://www.myspace.com/bluey_incognito

インコグニート(INCOGNITO)

日本のファンに、インコグニートの35周年に通算16作目のスタジオ・アルバム『アンプリファイド・ソウル』の発表ができて嬉しく思う。

17曲(※日本のみ1曲ボートラ含む)からなる新録曲はソウル・ジャズ、ファンク、ダンス要素を加え、ヴォーカリスト陣はトニー・モムレル、ヴァネッサ・へインズに、バンド史上最上級のパフォーマンスをみせるケイティ・レオネが新たに加わり、そこに伝説的シンガー・ソングライターのカーリーン・アンダーソン、コネチカット出身の女性ファンカティアーのデボラ・ボンド、インコグニート・ファンにはお馴染みのイマーニ、新鮮な歌声でわずか22歳でシーンにデビューするオーストラリア出身のキアラ・ハンターが参加する。

圧倒的にソウルフル、かつファンキーなグルーヴがトレードマークであるインコグニート・ホーンズが強調されるよう、ギタリスト兼バンド・リーダーのブルーイがフランシス・ヒルトン(b)、マット・クーパー(key)、フランチェスコ・メンドリア(dr)、若きパーカッショニストのジョアン・カエターノからなるタイトなリズム・セクションを指揮する。

ゲストには、ジャミロクワイのオリジナル・ドラマーであるニック・ヴァン・ゲルダーが2曲、素晴らしいアルト・サキスフォニストのナイジェル・ヒッチコック、シンセの魔法使いスキ・オークンフル、エレメンツ・オブ・ライフ(ルイ・ヴェガ)のパーカッショニストのロバート・キンテーロ、インコグニート功労者のリチャード・ブルらが挙がっている。

ブルーイはこのアルバムをインコグニート精神の拡張だと言いあらわす。「このアルバムは私たちを長年サポートしてくれた方々への贈り物さ。ソウル、ジャジー、ファンキー、ディープ、アップリフティングで全編が刺激のひとときで、スピリチュアルで、快活で楽しい、そして常に私たちの本性を見せているよ。」

アートワークを担当したアーティスト/デザイナーのミッチー・ブウォイが加える…『アンプリファイド・ソウル』は‘ピュア・スピリット’さ!

インコグニート(INCOGNITO)のニュース

インコグニート(INCOGNITO)のリリース

インコグニート(INCOGNITO)の参加作品