I-DeA アイデア

アイデア(I-DeA)

1999 年、盟友SEEDA の作品で全曲楽曲提供。

その後BUDDHA BRAND のDEV LARGE が設立した“エルドラドレコーズ”よりリリースされたFUSION CORE, FLICK の制作に関わる。

2004 年8 月には彼の才能を古くから認める実力派のヒップホップアーティスト達がこぞって参加した1st アルバム「self-expression」をP ヴァインレコードより発表。独自のネタ選びのセンス、独特の黒いグルーヴを醸し出すトラックは当然のように高い評価得を得てインディーズにも関わらず、爆発的なセールスを記録。瞬く間に日本屈指のヒップホップのトラックメーカーとしてI-DeA の名前は全国的に知れ渡る事となる。

2006 年1 月には徳間ジャパンより2nd アルバム「Da FRONT and BACK」を発表。サンプリングこそが(音の面での)ヒップホップの醍醐味だということを肌身で知る者だけが鳴らすことが出来るサウンドを奏で、そこにはフレーズの引き直しを含めたより繊細なニュアンスも加わり、音の表情、表現力は更に豊かなものになった。

以後プロデューサー/トラックメイカー/エンジニアとして、現在の日本のヒップホップ界において最も注目されているトラックメイカーの1人として数々のアーティストから絶大な支持を得ている。

アイデア(I-DeA)のリリース

アイデア(I-DeA)の参加作品