HOSEA HARGROVE ホウジア・ハーグローヴ

テキサス・ブルース鉱脈の奥深くで50年間密かに輝き続けた天然金塊(ルビ:ゴールデン・ナゲット)ブルースマン、ホウジア。彼こそ、ライトニン・ホプキンスのようなタフなテキサス・カントリー・ブルースと、スティーヴィ・レイ・ヴォーンのようなモダンなアンプリファイド・ブルースとを繋ぐ存在だ。若きジミー・ヴォーンが彼を観るためにゲットーの黒人クラブに通い続けジャム・セッションも経験し、それが弟レイ・ヴォーンにも大きな影響を与えたという。1929年生まれの81歳。余分なものは足さない。ただシンプルに、己のブルースを弾き続けるのみ。シャッフルもスローもファンキーもバラードも、何を演っても自分の音にしてしまう。

ホウジア・ハーグローヴ(HOSEA HARGROVE)のリリース