Elizabeth Shepherd エリザベス・シェパード

エリザベス・シェパード(Elizabeth Shepherd)

カナダ、トロントが生んだ美しき才女--あの衝撃が再び!

06年11月、デビュー・アルバム『スタート・トゥ・ムーヴ』を引っさげて彗星のごとく登場した才女、エリザベス・シェパード。自身でピアノ、ヴォーカル、作詞作曲もこなし、有名スタンダードもスマートに現代的にアレンジして聴かせる。アコースティックで飾らず、洒脱でナチュラルで、何よりも新鮮な彼女のサウンドはまたたくまに世界中で賞賛を浴び、ここ日本でも輸入盤がビッグ・セールスを記録したのはご存知の通り。

そしてジェイミー・カラムからもラヴ・コールが!

その後も数々のコンピ参加やリミックス制作、Bサイド集のリリースなどにより話題の途切れることが無かった彼女。ライヴ活動としてもロンドンのジャズ・カフェ、日本のコットン・クラブなど全世界をツアーして回ったほか、2008年8月にLAのハリウッド・ボールで行われる“ジャズ・アット・ザ・ボール”ではキュレーターであるジェイミー・カラム直々の指名により、カラムはもちろんジョージ・ベンソン、カウント・ベイシー・オーケストラなどとステージを共にすることも決まっているというから凄い。

エリザベス・シェパード(Elizabeth Shepherd)のリリース

エリザベス・シェパード(Elizabeth Shepherd)の参加作品