ELECTRO DELUXE エレクトロ・デラックス

◆2001年の11月、グルノーブル育ちのガエル・カドォとトーマス・フォーレはパリに移り、お互いが関心を持っていたジャズとファンクを融合させた新たなミュージック・プロジェクトを試みた。この実験にジェレミー・コークとアルノー・ルナヴィルが加わり、エレクトロ・デラックスが誕生した。

◆1年後、トーマス・フォーレの発案のもと、彼等の音楽にエレクトロ・サウンドを導入する。その後フランスで数々のステージを経て、彼等の音楽性はますます洗練され、豊かになっていった。

◆2002年の秋、レコード・レーベルSuch Productionと出会う。2004年にスタジオ入りし、デビュー・アルバム『Stardown』のための10曲をレコーディングした。制作には13人のミュージシャンが参加、その顔ぶれの多彩さは多種多様な音楽から影響を受けたバンドのサウンドを反映するものだった。そして、どのような形であれそこには一貫したグルーヴ感があった。

◆1年のツアーを終えた後、バンドは再びスタジオへ入り、セカンド・アルバム『Hopeful』の制作に取り掛かった。それはフランスや海外のライヴ活動で経験を重ねたバンドの、成長した姿をそのまま映し出す出来栄えとなった。

エレクトロ・デラックス(ELECTRO DELUXE)のリリース

  • ELECTRO DELUXE「Play」

    Play
    2010/10/06 CD PCD-93368 定価:¥2,300+税
  • Electro Deluxe「Hopeful」

    Hopeful
    2008/02/15 CD PCD-93090 定価:¥2,300+税

エレクトロ・デラックス(ELECTRO DELUXE)の参加作品

  • V.A.

    V.A.
    2012/09/19 CD PCD-18685 定価:¥1,886+税