CINEMA dub MONKS シネマ・ダブ・モンクス

シネマ・ダブ・モンクス(CINEMA dub MONKS)のオフィシャルサイト http://www.cinemadubmonks.jp/

シネマ・ダブ・モンクス(CINEMA dub MONKS)

1999年沖縄にて、曽我大穂(フルート、ハーモニカなど)とジャズ・ベーシストのガンジー西垣を中心に結成。〈物語のある音楽〉をテーマに、フルート、ウッドベース、パーカッション、ピアニカ、サンプラーなどの楽器を使い、各地でフィールドレコーディングした音を絡ませ、ステージ全体に映像を映し、音と人と映像をミックスした、“一本の映画”のようなライヴ空間を展開している。

2002年、バルセロナに活動拠点を置き7か月に渡って欧州滞在、50本以上のライブをバルセロナ、パリ、ベルリンで敢行。ヨーロッパ各地の大型フェスティバルに参加するなど、多数の観客を魅了し、高い評価を受ける。その噂はバルセロナ音楽シーンの雄、マヌ・チャオの目に止まり、彼の企画するコンピーレションアルバムに楽曲レコーディング。

2003年欧州ツアーでのライブをもとにアレンジされた1stアルバム『TRES ~ sometimes on a field kickin’ a ball』を欧州にてリリース。

2004年英国のレーベルSoftlyよりアナログ盤をリリース。英国BBCラジオなど活躍する世界で名高いジャズ系DJジャイルス・ピーターソンの’Worldwide Track Of The Year ’に選曲される。(またこの作品はジャズ界の貴公子と呼ばれるシンガーソングライター = ジェイミー・カラムからも絶賛を受けた)5月『TRES ~ sometimes on a field kickin’ a ball』を国内にてリリース。7月FUJI ROCK FESTIVALに出演。年末バルセロナ~リスボンをツアー。

2005年2月に那覇の前島アートセンターにて、地方都市の視点から音楽・アート・文化の接点を探る試みとして、企画展『リスボン/バルセロナ/沖縄~美術・音楽・地方都市・シネマ ダブ モンクス~』を開催。同展にて欧州ツアーの模様をおさめたドキュメンタリー映画「うみべの街のはなし」を公開。

2005年11月「町ものがたり」二作目、東京渋谷でのライブセッションの模様を収めたライブアルバム「cinema,duo」をplants/ RD RECORDSよりリリース。沖縄那覇を拠点に全国各地の美術館/ギャラリー/レストラン/ホール/映画館/野外フェスティバルなど国内においても精力的にライブ活動を開始。

2006~2007年、様々なミュージシャンとの共演、コンピレーション等への楽曲提供などを行ない、ますます評価を高くする。

2007年春、映像メンバーである石川の脱退とともに、一時的に活動休止。2008年曽我単独での欧州ツアーなどを行なう。帰国後、曽我は東京へ拠点を移す。

2008年年末沖縄/東京でのライブを期に活動を再開。その勢いのままに多数のゲストを招いて春よりレコーディングを敢行。2009年10月7日「町ものがたり三部作」完結編として、4年ぶりの新作アルバム「永遠と一日」を自主レーベルMonogatariよりリリースする。

曽我大穂 (ukulelel, pianica, flute, blues harp, steelpan, tape recorder etc.)

奈良県出身。幼少から各地へ引っ越しなどが多い少年時代を送る。

高校卒業後、路上演奏などをしながら各地の町々を巡る生活を送る。1995年より沖縄那覇へ移住。

1999年、那覇にて活動中のガンジー西垣らとともに、CINEMA dub MONKSを結成。

2002年よりヨーロッパへのツアーなどの海外遠征と平行しつつ、ハナレグミやクラムボンなどとのライブや録音などに参加。

マルチプレイヤーとして高い評価を得ている。

沖縄と東京で「物語ある音楽講座」というハーモニカと作曲のための連続ワークショップを主催するなど、幅広い活動を展開。

2008年バルセロナ遠征より帰国後、現在東京を拠点に活動中。

ガンジー西垣 (contrabass)

大阪府出身。1988年より琉球大学進学とともに沖縄那覇へ移住。

琉球大学ジャズ研を経て、沖縄屈指のジャズベーシストとして、活動開始。

ビッグバンドであるJAZZ GUILD ORCHESTRA、スカバンドSKA69など独特の音楽文化を持つ沖縄の個性派バンドに参加。

また、首里フジコのレコーディングにも参加するなど、その活動は多岐に渡る。

ウッドベースを抱えてスクーターに跨がり、那覇市内を走る姿は有名。

シネマ・ダブ・モンクス(CINEMA dub MONKS)のリリース