News

パンク・ミーツ・IDM!日本におけるオウテカやエイフェックス・ツインへの反応として一世を風靡した“COM.A(コーマ)”13年振りの最新作が本日発売&リード曲「Liar’s hand (Shortened Version)」オフィシャル・オーディオ公開!
2020.06.03 RELEASE

パンク・ミーツ・IDM!日本におけるオウテカやエイフェックス・ツインへの反応として一世を風靡した“COM.A(コーマ)”13年振りの最新作が本日発売&リード曲「Liar's hand (Shortened Version)」オフィシャル・オーディオ公開!

90年代からテクノロジーとともに急激な進化を遂げたエレクトロニック・ミュージック、世界各地にそのムーヴメントが巻き起こりUKからエイフェックス・ツインやオウテカといった世界的な成功を収めるアーティストが出現するなか日本からのカウンターとして現れたのがCOM.Aだ。1998年に実兄でもあるジョセフ・ナッシングとのユニットROM=PARI(ロム・パリ)と並行しながらCOM.A名義での活動を開始、世界各地のレーベルからリミックスワークやコンピレーション収録にオファー受けるなか盟友SHIRO THE GOODMANとともにROMZ RECORDS(ロムズ・レコーズ)設立し自身の作品のリリースとともにKid606主宰のTigerbeat6と双方のリリースを日本~USで行うなど当時のシーンに多大な影響を与えたアーティストである。13年振りとなる最新作『Fuck Dream and Kill Hope』は攻撃的なタイトルから想起させられるアグレッシヴなフューチャー・ノイズからメロウなダウンテンポ、そして洗練されたアンビエントといった変幻自在なスタイルを披露、エレクトロニック・ミュージックの歴史と進化、そして未来を感じさせる20年代の幕開けにふさわしいサウンドだ。アルバムに収録されたものとは異なるヴァージョンによる「Liar's hand (Shortened Version)」オフィシャル・オーディオも公開!

read more

パンク・ミーツ・IDM!日本におけるオウテカやエイフェックス・ツインへの反応として一世を風靡した“COM.A(コーマ)”13年振りの最新作リリース決定!
2020.04.01 RELEASE

パンク・ミーツ・IDM!日本におけるオウテカやエイフェックス・ツインへの反応として一世を風靡した“COM.A(コーマ)”13年振りの最新作リリース決定!

2000年、UKの名門〈FAT CAT〉からデビューしてブレイクコア・ブームを先導、その後のデ・デ・マウスらの登場をうながした奇才、“COM.A(コーマ)”。前作『Coming of Age』から13年、1stアルバム『Dream and Hope』から早20年、長らく昏睡状態に陥っていたコーマが導き出したのが、アンビエントやジャジーなセンスも注入しながらも、しかし、あの痙攣したビートと遊び心はさらに進化、そして混迷する現代への痛烈なメッセージも含んだ怪作『Fuck Dream and Kill Hope』だ!

read more