NEWS

ナツノムジナがバンドの世界観を全面に打ち出した2ndアルバムを満を持してリリース!8/24(土)には下北沢basementbarでのレコ発イベントの開催が決定!
2019.06.13 LIVE & EVENTRELEASE

ナツノムジナがバンドの世界観を全面に打ち出した2ndアルバムを満を持してリリース!8/24(土)には下北沢basementbarでのレコ発イベントの開催が決定!

儚さと現実、日々の営みと美しさを抱えたた傑作がナツノムジナから届いた。
リードトラックの「煙の花束」に象徴されるポップスとしての完成度と、オルタナティヴな要素としての集合体がアルバム全体を通して広がり、誰もが口ずさむことができる楽曲たちでありながら、誰しもが持つ「他の誰にもわからない日々の世界」を表現した今作は彼らが「目に見えいることが全てじゃない」とリスナーに優しく訴えかけているような、そんな想いがアルバムタイトルの『 Temporary Reality Numbers』に秘められている。

サウンドプロデュースには岡田拓郎(ex.森は生きている)を迎え、今まで以上に豊かになった音像たち、懐かしさと現代的なアプローチの中に潜む、何ものにも例えられない世界をナツノムジナの音楽で体験してほしい。
今作はナツノムジナが所属するトーキョーコミューンとP-VINE inc,との共同制作となり、8/24(土)にはアルバムリリースイベントを下北沢basementbarにて開催し、ゲストには入江陽、本日休演が出演する。

【作品情報】
web_sm_pcd83016

アルバムタイトル:
『Temporary Reality Numbers』

トラックリスト:
① temporary,reality
② 煙の花束
③ 優しい怪物
④ 台風
⑤ 報せ
⑥ タイトロープ
⑦ 漸近線
⑧ 金星
⑨ (temporary,reality)

リリース日:
2019年7月10(水)
価格:
2300円(税抜)
品番:
PCD-83016

【ナツノムジナ】
2011年:bloodthirsty butchersのライブのオープニングアクトを務めたことをきっかけに音源作成を決意。同年10/14に山本精一のオープニングアクトを務めたライブで二曲入りの音源”黒点/渚にて”を販売開始。
2015年:自主製作音源の”natsunomujna-ep”を4月にリリース。同年にLAMAやbonobosと共演。
2016年:自主企画”Pale”を定期的に開催。(Paleではこれまでにtoddle・テニスコーツ・SuiseiNoboAz等を招聘)同年9月に2曲入りカセット〈Driftage vol.1【艀・凪】〉を会場限定でリリース、完売。
2017年:3月に2曲入りの7inchレコード〈Driftage vol.2【天体・月の裏側】〉を会場限定でリリース、完売。追加生産も完売。9月に初の全国流通版1st.Full Album「淼のすみか」をリリース。
2018年:3月に新代田FEVERにて自主企画”HERVEST”を開催。合わせて「淼のすみか」のLP盤をリリース。同月、CINRA.NETの対談企画掲載。田渕ひさ子氏とライブセッション→対談で音と言葉で語り合う。8月下北沢SHELTERでTaiko Super Kicksと2マン自主企画”FLOAT”を開催。同日に全て手刷のポスターに新譜をダウンロードできるQRコードを載せたポスターシングル「漸近線」を限定100枚リリース。11月CINRA主催イベント『NEWTOWN 2018』において、東洋化成×CINRAの共同制作企画で7inch レコード「漸近線/天体(with 田渕ひさ子)」を限定発売。
2019年7月アルバム『Temporary Reality Numbers』をリリースする。

【ライブ情報】
6/14(金)下北沢GARAGE
7/11(木)下北沢mona records
8/24(土)下北沢basementbar
アルバムRelaese Live
w/入江陽/本日休演
*詳細後日発表