NEWS

α-STATION(FM京都)での三宅純特番が、好評につき早くも再放送決定!一部内容を再編集の上、12/31(月)大晦日23時〜緊急オンエア!
2018.12.26 MEDIA INFO

α-STATION(FM京都)での三宅純特番が、好評につき早くも再放送決定!一部内容を再編集の上、12/31(月)大晦日23時〜緊急オンエア!

photo by Jean-Paul Goude

先日12月24日(月・祝)のクリスマスイブに京都 α-STATIONで放送され、反響を呼んだ三宅純のスペシャルプログラム"α-STATION Holiday Special Program 『Voyage Musical de JUN MIYAKE』"の再放送が緊急決定! 改めて一部内容を再編集し、12月31日(月)の大晦日23時〜24時にオンエアされます!先日の放送を聴き逃してしまった方も、もう一度聴きたい方も、2018年を締め括るラスト1時間はぜひ三宅純の世界でお楽しみください。

α-STATION Special Program
『Voyage Musical de JUN MIYAKE』
【ONAIR】2018年12月31日(月)23:00-24:00
※12/24オンエアの模様を一部再編集して緊急再放送!
【DJ】三宅 純
【ナビゲーター】DJAIKO62
【スペシャルコメント】日野皓正
http://fm-kyoto.jp/

パリを拠点として、映画、ドキュメンタリー、舞台、コンテンポラリーダンスなど、ジャンルを多岐にわたり越境する日本が世界に誇る作曲家、「三宅 純」。
日野皓正に見出され、バークリー音楽大学に学び、ジャズトランペッターとして活動開始。時代の盲点を突いたアーティスト活動の傍ら作曲家としても頭角を現し、CM、映画、アニメ、ドキュメンタリー、コンテンポラリーダンス等多くの作品に関わる。3000 作を優に超えるCM作品の中にはカンヌ国際広告映画祭, デジタルメディア・グランプリ等での受賞作も多数。ピナ・バウシュ、ヴィム・ヴェンダ−ス、ロバート・ウィルソン、フィリップ・ドゥクフレ、オリバー・ストーン、ジャン・ポール、グード、大友克洋らの作品に参加し、異種交配を多用した、個性的なサウンドは国際的賞賛を受けています。

また、主要楽曲を提供したヴィム・ヴェンダース監督「ピナ/踊り続けるいのち」は、ヨーロッパ映画賞のベスト・ドキュメンタリー賞を獲得。2年前におこなわれた「リオ・オリンピック閉会式」フラッグハンドオーバーセレモニーで流れた「君が代」のアレンジを担当し、日本列島が震撼。さらなる注目を集めました。

そんな、世界的な作曲家「三宅 純」は、京都生まれ。
2018年は、京都市とパリ市の姉妹都市提携60周年記念の年。そして三宅純は今年60歳。
文化的な土壌のある国際都市“Kyoto”と“Paris”、そして“60周年”というアニバサーリーにふさわしく、ここ京都から“三宅 純”の世界をお送りする1時間のスペシャルプログラム。

ストイックに音楽に向き合ってきた半生を振り返りながら、三宅純の考えるアート、クリエイティヴィティ、そしてベールに包まれたライフスタイルに迫ります。

“時間”、“場所”、“記憶”、それぞれが交差するような音世界。
そんな奇才、三宅純に迫る1 時間の音楽旅行を是非お楽しみください。

Related Releases