NEWS

すばらしかが山本精一、ケバブジョンソンを迎えてリリースパーティを開催!
2018.04.20  

すばらしかが山本精一、ケバブジョンソンを迎えてリリースパーティを開催!

4月18日に1stアルバム『二枚目』を発売し、各所で好評中のすばらしかが
6月28日(木)に吉祥寺スターパインズカフェで今作のリリースパーティを行う。
ゲストは、かれらが敬愛する 山本精一、ケバブジョンソンの2組。
本日から会場の予約フォームで、受付を開始している。
お早めにどうぞ!

[ライブ情報]
2018年6月28日(木)
すばらしか1stアルバム「二枚目」リリースパーティー
at 吉祥寺スターパインズカフェ

出演: すばらしか
ゲスト: 山本精一 / ケバブジョンソン

開場 19:00 開場 19:30
前売り 2,800円 当日 3,300円
*ドリンク代別
予約:スターパインズカフェ予約フォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636
チケット:スターパインズカフェ店頭

web_山本精一
◆ 山本精一
1986年から2001年まで「BOREDOMS」に参加。以後、「ROVO」「羅針盤」「想い出波止場」「PARA」「MOST」「TEEM」「ya-to-i」「NOVO-TONO」「CHAOS JOCKEY」他、多数のバンド/ユニットやソロワーク、内外の音楽家とのセッション等で、プレイヤー/ソングライター/コンポーザー/プロデューサーとして、ワールドワイドに活動を展開。
代表作に「Crown Of Fuzzy Groove」(ソロ作)、「SOUL DISCHARGE 99」(BOREDOMS)、「ソングライン」(羅針盤)、「水中JOE」(想い出波止場)、「FLAGE」(ROVO)、「幸福のすみか」(山本精一&PHEW)、「X-GAME」(PARA)、「MOST」(MOST)、「ラプソディア」(歌物ソロ)等がある。
また、映画音楽では、湯浅政明監督のアニメーション「マインド・ゲーム」(2004年)、三池崇史監督の「殺し屋1」(2001年)、矢口史靖監督の「アドレナリンドライブ」(1999年)等を手がけている。
エッセイストとしても様々な媒体に寄稿し、1999年には随想妄想小説シリーズ「ギンガ」、2009年に「ゆん」、2014年に「イマユラ」を出版。さらに画家、写真家としての活動も行っており、個展や主に自作のアートワークにおいて定期的に作品を発表している。

web_ケバブジョンソン
◆ ケバブジョンソン
2005年結成。東京を中心に活動するロックバンド。
メンバーは愛知県出身の杉浦(Gt.Key.Vo)、東京都出身の橋本(Ba.Vo)、
熊本県出身の斎藤(Dr.cho)とサポートの佐藤(Gt)。
これまでに「座ってこぐ」「manga」「HOT PARK」「fiddles」の
4枚のアルバムを発売してます。

◆ すばらしか
2015年末に、福田(Vo/Gt)、加藤(Ba)、中嶋(Dr)で結成。現在は、林(Key)を迎えた4人で演奏している。
すばらしかTwitter:@subarashika