NEWS

ハモニカクリームズ、3/28(水)リリースのニュー・アルバム『ステレオタイプ』のティーザーとカヴァー・アートを公開!さらに知己のミュージシャンたちからコメントが到着!
2018.03.16  

ハモニカクリームズ、3/28(水)リリースのニュー・アルバム『ステレオタイプ』のティーザーとカヴァー・アートを公開!さらに知己のミュージシャンたちからコメントが到着!

インスト音楽のイメージをくつがえず唯一無二のグルーヴ・バンド、ハモニカクリームズ。スペインで10万人が一度に認めるなど海外で磨かれた才能が鮮烈に弾ける奇跡のニュー・アルバム『ステレオタイプ』(通算第5作)のティーザーを公開!

さらに、『ステレオタイプ』というタイトルとは裏腹の、はみ出しまくった秀逸きわまるカヴァー・アートを公開!

加えて、交流の深いミュージシャンたちからコメントが到着!

-----

ハモクリのライブで歓声出しすぎて風邪ひきました。
このアルバムも、異国の都市で思いっきり声出して踊りたくなって危険極まりない!

古川麦 (表現)

-----

想像の斜め上ってこういうことか!

渡辺拓郎 (藍坊主)

-----

ハモニカとフィドルの旋律が、ギターをキャンバスに一筆書きで様々な風景を描き出す。しかし、ハモクリの新しいサウンドは、前作までの素朴な風景を一変させていた!めくるめくアルバムの後半に、唐突にやってくる歌のポップさはとても新鮮。

村上啓太 (在日ファンク)

------

美土の才能をフルに発揮できる場所がやっと見つかったんじゃなかろうか。そう素直に思える音がしてました。友人として、ミュージシャンとして、良かったな!と思うと同時に、少し悔しいな。なんてねー。

松下マサナオ (Yasei Collective, ZA FEEDO, GFJB)

-----

本当、美しくて自由で素晴らしい作品だよ~
朝起きたらハモクリ、お家に帰ってきたらハモクリ。毎日聴いている。
仕事はワクワクさくさくはかどるし、何をするにもウキウキでハッピーな気持ちにさせてくれる音楽。素晴らしいです。

ミナクマリ

《商品情報》
web_small_pcd25252

Harmonica Creams: Stereotype
ハモニカクリームズ/ステレオタイプ
品番:PCD-25252
発売日:2018年3月28日(水)
価格:定価:¥2,500+税

【収録曲】
01. Ready for anything
02. Thirtyy ears
03. El verano
04. Eve vote
05. alba
06. Polaris
07. Alain fisherman
08. matane
09. Looking by that hill
10. イチブンヒャッケン/Ichibun-Hyakken

◼︎ハモニカクリームズ/清野美土、大渕愛子、長尾晃司
◼︎ゲスト/田中佑司 (bonobos、サンガツ、等)
◼︎田辺玄:録音、ミックス、マスタリング
◼︎成田真樹:♯02「Thirtyy ears」プロデュース

ハモニカクリームズ
清野美土 (Harmonica)、大渕愛子 (Fiddle)、長尾晃司 (Guitar)
ケルトとブルースを背景としたハモニカ、フィドル(ヴァイオリン)、ギターによるインストバンド。珍しい楽器編成から生まれる艶やかな旋律とエモーショナルな衝動が連続し疾走する。2012年に世界最大級のスペイン国際ケルト音楽祭「フェスティバル・オルティゲイラ」のコンクールでアジア人史上初優勝を収める。以後、欧州各地のフェスティバル出演をはじめ、各アルバムは日欧米のラジオや紙面でも取り上げられる。歌詞を持たないことで自由に受け取れる音の反射が、国籍や年齢の枠を越えて広く評価されはじめている。
http://harmonicacreams.com