NEWS

バッド・ラビッツ、ラジオ局のパワープレイが続々と決定!各所からの絶賛コメントも多数到着!!
2014.06.04 MEDIA INFORELEASE

バッド・ラビッツ、ラジオ局のパワープレイが続々と決定!各所からの絶賛コメントも多数到着!!

pcd93807_240巨匠テディ・ライリーをも巻き込んだ新世代のモンスターR&B バンド、バッド・ラビッツのアルバム『アメリカン・ラヴ』がいよいよ本日発売!!

【ラジオでのパワープレイが続々決定!!】
「NJS (ニュー・ジャック・スイング)」の祖で、90~00年代 のR&B/アーバン界を代表する超大物プロデューサーであり、 自身もガイ、ブラックストリートなどのグループで活躍してきたテディ・ライリーがプロデュース、テディとクリントン・スパークスがフィーチャーされた楽曲 「ダンス・ウィズ・ユー」は以下のラジオ局にて6月・パワープレイが決まっております!

Air-G 5/16~6/15 「POWER PLAY」
FM FUKUOKA 6月度 「パワープレイ」
FM福井 6月度 「Heavy Rotation」
JFN系 「OH!HAPPY MORNING (ハピモニ)」6月9日週のオストラに決定!

※FM FUKUOKAでは、リスナーさん対象にノベルティのプレゼント企画もございます!詳しくは各ワイド番組をチェックください↓
http://fmfukuoka.co.jp/event
http://fmfukuoka.co.jp/timetable

 

bad_rabbits_flyer_front

【絶賛コメント多数!!!】
日本デビュー前ながら、絶賛の声が止まらない!!
R&Bシーンを熟知した著名人達から続々と絶賛コメントが到着!!

*コメント掲載フライヤー配布中!お近くのレコードショップなどでぜひ手に取ってみてください♪

ダイナミックな生音とファンクでロックでディスコなゴッタ煮ビートにパワフルな黒いヴォーカル...私の好物を全部持ってるバッド・ラビッツ。スライ、リック・ジェームス、ガイ、ファレルと同列で聴けちゃうんですよ、これが!
(HMV 安藤広子)
こんなピュアなファンクバンドが現在進行形で存在するなんて♪Teddy Riley との Dance With You はじ め生のグルーブが眠っていた僕の何かを直撃!
(音楽プロデューサー / シンガー 今井大介)
これぞ、アメリカン・アーバン・ミュージックの最先端! 豪快さと洗練されたディスコ~ファンク・グルー ヴは世界が渇望していたサウンドそのもの。時折みせる「豪快さ」は往年の P-FUNK を彷彿とさせ、全編に 貫き通された「洗練さ」は最新作の DAFT PUNK を思わせる! そしてこの辺りのサウンドは最近のロッ ク・インディシーンにも影響大とくれば、彼らが世界的にブレイクするのも間近か...。ブラック・ミュー ジック好きはもちろん、全ての音楽ファンに聴いて欲しい作品です!
(タワーレコード新宿店 河田良介)
懐かしいけど新しい! 生バンドスタイルの新感覚 R&B! 初めて聴いた時からハートにズキュンでした! 90 年代のサウンドが好きなら間違いなくハマります! とくにテディライリーが参加してる“DANCE WITH YOU”は、まさに進化した NEW JACK SWING! これからの季節にピッタリのゴキゲンチューン♪ パワフルなヴォーカルのデュアの歌声とジャンルレスなサウンドが絶妙! こんなに愉しいアルバムに出 会えたことに感謝です! ディスコからファンク、ミクスチャー、パンク好きまで巻き込むこの夏最高にイ ケてる一枚です!
(タワーレコード福岡店 草野可奈子)
温故知新。ニュージャックスウィング、ディスコ、ファンクを絶妙にブレンドした重厚なバンドによる、懐 かしくも新しいサウンド!『Dance With You』では、御大 テディ・ライリーを迎え、ガイ「Groove Me」を オマージュ!
(HMV 下境隆夫)
テディー・ライリー参加曲を聴いてニヤニヤしながら書いてます。僕はこの曲が嫌いな人とは友達になれ ない気がしますw まさしく、ニュー・ジャック・スウィ~ング♪ 程よくイナタいハネたビートが最高に FRESH! R&B通は勿論、ダンサーから、スケーターまで、この夏はBADなグルーヴの波に飲まれちゃって!!
(タワーレコード渋谷店 常谷卓)
ツーブロック・ヘアがブームということで「コレはもしや...」と思ってたら、やはり来ました、ニュー・ジャック! 男気溢れる R&B バンドはラジオライク。しかも、テディーが参加。これは偶然ではなく必然です。
(ラジオパーソナリティ / ナレーター 鈴木裕介)
「えっ、現行バンド?」と疑ってしまう程にハネたビート、ギラギラしたサウンド、90年代の雰囲気プン プンの内容に大興奮! しかも、テディ・ライリー参加?! 目を疑いました。夢でなくて良かった。
(タワーレコード 田之上剛)
まさか本家テディを招くとは!! 遊び心があるけど、本気(マジ)な奴ら。シングル“Dance With You” が瞬く間にSNSで世界中に拡散したのも頷ける。様々なジャンルの音楽の要素を取り入れつつも、ぶっ といグルーヴで一本筋を通した骨太ミクスチャー・ファンク・バンド! 彼らはライヴも底抜けに楽 しいに違いない。
(DJ ICE)
今のトレンドに見事にハマったアーバンな楽曲が満載。80's Disco好きの僕には堪らない素晴らしい仕 上がりで老若男女問わず、ずっと聴けるマスターピース!
(DJ Swing)
「Dance With You feat. Teddy Riley & Clinton Sparks」をはじめ全 R&Bファン注目のアルバム! Disco / New Jack Swing / Funk などあらゆるジャンルを取り込み、懐かしくも斬新な新感覚サウンドを展開!こ の日本でも 2014 年ブレイク間違いなしの R&B バンドが満を持して国内盤をリリース! 要チェック!!
(DJ Mike-Masa)
久々だこのラフ感。テクノロジーが進む中誰でも“キレイ”なボーカル編集ができるようになった昨今。 Bad Rabbits のサウンドやボーカル処理は良い意味で荒削りだ。そこが 90's 好きなリスナー心をたまら なく刺激する。ファンキーで妖しさのあるサウンドに見え隠れする適度なオシャレ感。まさに NJS を始 め90'sの音楽に出会い踊らされた頃に感じた気持ちだ。Bad Rabbits.... なかなかあなどれないグループ が出てきたな。ナイス。
(R&B シンガー /producer HI-D)
古くはバズ・ボーイズ~リヴィング・カラーなどのブラック・ロック・グループを思わせるボストン 出身のグループ、バッド・ラビッツ登場。ブラック・ロックにさらにヒップ・ホップ、ソウル、R&Bを加 味し、1 曲「ダンス・ウィズ・ユー」ではなんと「キング・オブ・ニュー・ジャック・スイング」テディー・ ライリーをプロデューサーに迎え堂々のニュー・ジャック・スイングぶり。メンバーのルーツも多国籍。
(音楽評論家 / DJ 吉岡正晴)
これ現行バンド?!って思わせる、あの頃の懐かさと新鮮さが織り交ぜるダンズグルーヴ! ファレルやブルーノ・マーズ好きもチェックして損はない! 爽快な258で夏を先取りしちゃってください。
(TSUTAYA 吉崎真矢)

Related Releases