リリース情報

Walk Tall
GENERAL ROOTS
Walk Tall
ジェネラル・ルーツ
『ウォーク・トール』
2016/08/17
CD
PCD-24550
定価:¥2,400+税
解説付 ※日本盤のみボーナストラック「ザ・ジョーカー」収録 ※解説:大石始

夏を終わらせないキラーチューン「ザ・ジョーカー」はスティーヴ・ミラー・バンドの'74年・全米No.1ヒットがオリジナル。リーバイスCM使用でのリヴァイヴァルやファット・ボーイ・スリムのカヴァーなどで英国における国民的人気曲にブルーイ(インコグニート)が「ワン・ラヴ」なハッピー感を演出!

“「未来」の連中だね。彼らはジェネラル=大衆レヴェルまで上がってゆくよ” ――デニス・ボーヴェル

'08年にロンドンで結成された人種混合の5人組+1、ジェネラル・ルーツ。8年を要してのアルバム・デビューには、英レゲエ界の復興を願った幾重もの後ろ盾が! ジャネット・ケイを輩出した英レゲエ界重鎮=デニス・ボーヴェルは初期からバックアップ、当作でも「フリーダム」「レイヴァ―ズ・デライト」「ムーヴィー・ショウ」「ロング・ロード」をコンポーズ&客演。デニスならではのダブ風味がまぶされた鉄板のラヴァーズ・ロック揃い! ゼロ年代の英(白人)ルード・ボーイ顔役=プリンス・ファッティはシングル段階からDJプレイし彼らを世に広め、当作で「ファイト・フォー・ヤ・ラヴィン」「ウォーク・トール」をエンジニアリング、純粋に「イイ曲」に仕上げる! デニスやファッティ以外にも、ザ・スリッツのホリー・クック、英ダンスホール・レジェンド=トップ・キャット、ドラマー/ MCで長いキャリアのホースマンら英レゲエ界の精鋭がゲスト参加、でレゲエ・ファンのプロップスを確保したうえで、クロスオーヴァ―・ヒットの「起爆剤」投入! ステージの締めはボブ・マーリィ「ワン・ラヴ」で知られるブルーイ(インコグニート)が彼らに国民的な人気曲「ザ・ジョーカー」カヴァーを提案、近年でいうマジック!「ルード」、ドレイク「ホットライン・ブリンク」が好きなリスナーにもピン!とくるようなアイランド・ムード満点に仕立てた!

 

  • DISC 1
  • 1. The Joker
  • 2. Freedom feat. Topcat
  • 3. Little Sun
  • 4. Fight For Ya Lovin
  • 5. Special
  • 6. Wrong Road
  • 7. Walk Tall
  • 8. Sufferer
  • 9. Out Of Love (Love's End)
  • 10. Raver's Delight feat. Dennis Bovell
  • 11. Movie Show feat. Horseman