Latest Release

Cosmic
LENNY HAROLD
Cosmic
2018/10/17
CD
PCD-24780
定価:¥2,400+税

巨匠テディ・ライリーが絶賛し、ブラックストリート2のメンバーに抜擢された超大型新人レニー・ハロルド! R&Bファンを唸らす'18年最重要盤が完成!

read more

Daniel March
DANIEL MARCH
Daniel March
2018/10/17
CD
PCD-24781
定価:¥2,400+税

ヤング・ガン・シルヴァー・フォックス&ママズ・ガンのアンディ・プラッツを彷彿とさせる抜群のメロディ・センスと温かな歌声が冴え渡る! オーストラリアから現れた才能=ダニエル・マーチがニュー・アルバムを発表!

read more

Modern Flows Vol.2
MARQUIS HILL
Modern Flows Vol.2
2018/10/17
CD
PCD-24784
定価:¥2,400+税

この男こそクリスチャン・スコットやアンブローズ・アキンムシーレに続くジャズ・トランペットの最先端! Concordからメジャー・リリースされた前作『The Way We Play』が大絶賛を浴びたシカゴ出身の新世代ジャズ・トランぺッター筆頭株=マーキス・ヒルが待望のニュー・アルバムを完成!

read more

なんにもいらない
冬にわかれて
なんにもいらない
2018/10/17
CD
PCD-28041
定価:¥2,800+税

冬にわかれて私の春を生きなければならない
作家・尾崎翠の詩のタイトルを冠した寺尾紗穂、伊賀航、あだち麗三郎によるトリオ・バンド、冬にわかれ て。待望のファーストアルバム!三者の稀有な才能がこうさくして生まれた新境地ともいうべき楽曲から、躍動感あふれるポップ・ソングまでヴァラエティに富 みつつも一冊の詩集のような余韻を残す、滋味深い名盤が誕生した。

read more

SOUTHPARK
GOTTZ
SOUTHPARK
2018/10/17
CD
PCD-27039
定価:¥2,700+税

KANDYTOWNのラッパー、Gottzの待望のソロ・デビュー・アルバム『SOUTHPARK』がリリース!KANDYTOWNからMUDや Neetz、Ryugo Ishida(ゆるふわギャング)、Yo-Sea、Hideyoshi(Tokyo Young Vision)が参加!

read more

Traversa
Geotic
Traversa
2018/10/17
CD
TUGR-080
定価:¥2,000+税

LAが誇る稀代のビートメイカーBathsによるアンビエント・ミュージックにフォーカスしたプロジェクト=Geotic(ジオティック)による最新作は、前作に引続き名門〈Ghostly International〉よりリリース!

read more

The Serpent's Mouth
BACAO RHYTHM & STEEL BAND
The Serpent's Mouth
2018/10/10
CD
PCD-17787
定価:¥2,400+税

ドクター・ドレーからメアリー・J.ブライジ、ジャクソン5のカヴァーまで! 現行ファンク・シーンの中でも圧倒的な存在感を放つマイティ・モカンボスの メンバーによるプロジェクト、バカオ・リズム・アンド・スティール・バンドが、シーンに衝撃を与えた前作を超える超傑作スティールパン・ファンク・アルバ ムを完成!

read more

Der Osten Ist Rot
HOLGER CZUKAY
Der Osten Ist Rot
2018/10/10
CD
PCD-24775
定価:¥2,400+税

元カンのホルガー・シューカイの、純粋なソロ・アルバムとしては1981年の『ノーマルの頂へ』以来となる通算第4作(1984年発表)。前作につづき、元カンの盟友ヤキ・リーベツァイト(ds)に加え、コニー・プランク(synth)らが参加。表題曲(“The East Is Red”の意)はポーランド軍楽隊による中華人民共和国国歌の演奏をサンプリングしたもので、リーベツァイトのドラムとプランクのシンセなどが加えられ、エキゾチックで不気味かつユーモラスな仕上がりになっている。その他、ミチなる女性シンガーによる日本語ヴォーカルをフィーチャーしたその名もずばり「Michy」や、カヒミ・カリィがカヴァーした軽快なポップ・ソング「The Photo Song」、ヤキ・リーベツァイトのドラムがひらすらクールな「Collage」など、エクスペリメンタルかつポップな名盤。オリジナル通りでのCD化は今回がはじめて。

read more

Rome Remains Rome
HOLGER CZUKAY
Rome Remains Rome
2018/10/10
CD
PCD-24776
定価:¥2,400+税

元カンのホルガー・シューカイ、1987年発表の通算第5作。元カンの盟友ヤキ・リーベツァイト(ds)とミヒャエル・カローリ(g)、元PILのジャー・ウォブル(b)らが参加。すなわち、カン-イルミン・シュミット+ジャー・ウォブルとなる。シンセのリフと宙を舞うギターが心地好いアルバム・オープナー「Hey BabaReebop」は、1983年に亡くなった後期カンのメンバー、リーバップ・クワク・バーに捧げられた曲。グレゴリオ聖歌をコラージュし、当時のローマ法王、ヨハネ・パウロ二世の語りをサンプリングした「Blessed Easter」や、ブルガリアン・ヴォイスをファンキーなビートに乗せた「Sudetenland」など発想自体が天才的かつぶっ飛んでいる。子供の声がユーモラスなニュー・ウェイヴィなサンバ「Hit Hit Flop Flop」と、ジェイムズ・ブラウンの声がサンプリングされたラテン調の「Perfect World」の2曲は近年、人気が高い。オリジナル通りでのCD化は今回がはじめて。

read more

Moving Pictures
HOLGER CZUKAY
Moving Pictures
2018/10/10
CD
PCD-24777
定価:¥2,400+税

元カンのホルガー・シューカイ、オリジナル・アルバムとしては1987年の『ローマ・リメインズ・ローマ』以来6年ぶりとなる通算第6作(1993年発表)。シューカイにしてはめずらしく内省的なムードのダーク・アンビエントな作品。デイヴィッド・シルヴィアンとのコラボレーション・アルバム二作をより推し進めたものともいえるし、シューカイのファースト・ソロ・アルバム『カナクシス5』のアイデアをアップデートしたものともいえる。タイトル通りどこかセンチメンタルな20分を超えるクロージング・ナンバー「Sentimental」には、元カンのヤキ・リーベツァイト(ds)とミヒャエル・カローリ(g)が参加している。元PILのジャー・ウォブル(b)、後にシューカイと連名でアルバムを制作するパートナー、ウシも参加。ポップではないものの、非常に味わい深い作品。

read more