リリース情報

ロック画報読本 鈴木慶一のすべて
小川真一(責任監修)、加藤彰(編集)
ロック画報読本 鈴木慶一のすべて
Shinichi Ogawa , Akira Kato
『JAPANESE VINTAGE ROCK'N NOTES - ALL OF KEIICHI SUZUKI』
2017/03/17
BOOK
ISBN-978-4907276706
定価:¥2,750+税
レーベル: ele-king
※A5判 ※176ページ

鈴木慶一ミュージックは、
北野武映画の「ヘソ」である。
――北野 武

2011年12月にムーンライダースの活動休止を宣言した鈴木慶一。その後、北野武監督の映画「アウトレイジ・ビヨンド」や蜷川幸雄の舞台音楽を手がけるなど、ミュージシャンとしての活動はますます盛ん。バンド、ソロ、ユニット、プロデュース(原田知世、ほか)、映画音楽(アウトレイジ、座頭市、ゲゲゲの女房、ほか)、劇伴(蜷川幸雄、ほか)、CM音楽など、幅広い音楽活動を網羅し、多面的な魅力を持つ鈴木慶一の本質に迫る!!

ムーンライダーズからはちみつぱい、Controversial Spark、No Lie-sense、THE BEATNIKS、ソロ作品、映画音楽、ゲーム音楽、プロデュース作品など、テーマごとにまとめた章構成。関連ミュージシャンのインタビュー、昨年の話題作『Records and Memories』まで、過去の評論なども掲載。事務所秘蔵のポスターやオフショット、ライブ演目リスト等々、ビジュアル要素も豊富に掲載し、鈴木慶一の全仕事をアーカイヴ化したクロニクルとなっています。更に旧友であるイラストレーターの矢吹申彦(3枚組アンソロジー『Keiichi Suzuki chronicle1970-2015 謀らずも朝夕45年』のジャケ)もイラスト~文章で寄稿!!

未発表音源9曲54分収録お宝CD付き!