リリース情報

血とエロスはいとこ同士 エモーショナル・ムーヴィ宣言
真魚 八重子 (著)
血とエロスはいとこ同士 エモーショナル・ムーヴィ宣言
Yaeko Mana
『 Blood and Eros are cousins : Emotional Movie Declaration』
2019/12/18
BOOK
ISBN-978-4-909483-48-5
定価:¥2,400+税
レーベル: ele-king books
※四六判 301ページ

グッとくる映画、あります

「映画の力」、それはストーリーだけではない――
わけがわからないのに気になる映画
淡々とした描写の中に人生に似た何かが立ち現れる映画
厭な要素ばかりなのについつい見てしまう映画
独自すぎる理屈で構成されていて観る者を激しく選ぶ映画

――なぜか心動かされ、惹きつけられてしまう映画の秘密をひもとく、気鋭の批評家による精選エッセイ集!
目次より
第一章不可解な映画に魔がひそむ
第二章暴力・情念・死
第三章日本モンド映画静謐/狂乱
第四章日本モンド映画エロス+流血
第五章ロマンポルノ二五選
著者について
真魚 八重子(まな やえこ)
愛知県出身。映写技師や派遣社員を経て、現在は「映画秘宝」「朝日新聞」「キネマ旬報」などのほか、パンフレットやDVDでも執筆。著書に『映画系女子がゆく!』『映画なしでは生きられない』『バッドエンドの誘惑』。