「crystal thomas」の検索結果

PLP-6960 It’s The Blues Funk!
2019.08.07  

現在最高のブルースを歌う力と可能性を持つ女性シンガー、クリスタル・トーマスとチャック・レイニー(ベース)、ラッキー・ピータースン(ハモンドB3)のセッションが実現! 7/24にスペースエイジよりリリース予定のCDアルバムからアナログ・レコード向けのナンバーを厳選してLP化!It’s the Blues Funk!

●ブルースをゴキゲンに奮い立たせるのはファンク・ビートだ。それをブルース・ファンクと呼ぼう。この間違いなく現在最高のブルースを歌う力と可能性を持つ女性シンガー、クリスタル・トーマスをファンクで送り出すために、現代最重要ブルースマン、ラッキー・ピータースンがハモンドB3・オルガンとピアノで、ソウル/ファンク・ベース最高峰、チャック・レイニーが久々の歌伴で(それも、最初期の愛器、1961年製フェンダー・プレシジョン・ベース使用)ボトムをがっしりと支えたセッションが実現。ファンキー~ファンク・ビートでブルースが躍動する名作アルバムとなった。7月24日にスペースエイジよりリリース予定のそのCDアルバムから、アナログ・レコード向けのナンバーを厳選し、LPでお届けする。グルーヴ・ミュージックとしてのブルースを味わうこだわりのLPレコードが誕生。

●ギターとドラムには、テキサス魂あふれるファビュラス・サンダーバーズのメンバーでもあったビート追求兄弟コンビ、ジョニー・モーラー(g)とジェイスン・モーラー(ds)を起用。

●現在42才のルイジアナ~テキサス一帯の黒人音楽シーンで活動するクリスタル・トーマスの存在が認知されたのは、日本が誇るハード・ドライヴィン・ブルース~スウィング・バンド、ブラッデスト・サキソフォンとの2017年テキサス録音共演アルバム“Bloodest Saxophone feat. Texas Ladies”(スペースエイジより発売中)で、それはアメリカ/ヨーロッパでも発表され、各メディアで絶賛されている。

●クリスタル・トーマスには意外なキャリアがあり、ソウル帝王シンガー、故ジョニー・テイラーのトロンボーン奏者でもあったのだ。その腕前をグルーヴィなファンク・インスト“The Blues Funk”で披露し、ラッキー・ピータースンのB3に果敢に挑んだ。

●2019年4月、テキサス州ダラス、Kitchen Studio録音。プロデューサーはあのダイアルトーン・レコードのエディ・スタウト。

read more

CRYSTAL THOMAS LIVE @SHIBUYA
2019.07.11  

CRYSTAL THOMAS LIVE @SHIBUYA

■7月31日(水)渋谷クラブクアトロ
ブルース&ソウル・レコーズ創刊25周年記念
BLOODEST SAXOPHONE feat. CRYSTAL THOMAS LIVE IN TOKYO
出演:BLOODEST SAXOPHONE feat. CRYSTAL THOMAS
スペシャルゲスト:吾妻光良(予定)

read more

現在最高のブルースを歌う力と可能性を持つ女性シンガー、クリスタル・トーマスが、チャック・レイニー(b)、ラッキー・ピータースン(org)をフィーチャーして作り上げたCDアルバムから、アナログ・レコード向けのナンバーを厳選したLPを8月7日にリリース! It’s the Blues Funk! さらに来日も決定! ブラッデスト・サキソフォンのゲストとして渋谷クラブクアトロに出演するほか、フジロック出演なども決定!
2019.07.11  

現在最高のブルースを歌う力と可能性を持つ女性シンガー、クリスタル・トーマスが、チャック・レイニー(b)、ラッキー・ピータースン(org)をフィーチャーして作り上げたCDアルバムから、アナログ・レコード向けのナンバーを厳選したLPを8月7日にリリース! It’s the Blues Funk! さらに来日も決定! ブラッデスト・サキソフォンのゲストとして渋谷クラブクアトロに出演するほか、フジロック出演なども決定!

●ブルースをゴキゲンに奮い立たせるのはファンク・ビートだ。それをブルース・ファンクと呼ぼう。この間違いなく現在最高のブルースを歌う力と可能性を持つ女性シンガー、クリスタル・トーマスをファンクで送り出すために、現代最重要ブルースマン、ラッキー・ピータースンがハモンドB3・オルガンとピアノで、ソウル/ファンク・ベース最高峰、チャック・レイニーが久々の歌伴で(それも、最初期の愛器、1961年製フェンダー・プレシジョン・ベース使用)ボトムをがっしりと支えたセッションが実現。ファンキー~ファンク・ビートでブルースが躍動する名作アルバムとなった。7月24日にスペースエイジよりリリース予定のそのCDアルバムから、アナログ・レコード向けのナンバーを厳選し、LPでお届けする。グルーヴ・ミュージックとしてのブルースを味わうこだわりのLPレコードが誕生。

read more